テーラードジャケットの洗濯を自宅で 洗い方と型崩れを防ぐには?

テーラードジャケットの洗濯を自宅で 洗い方と型崩れを防ぐには?

一万円以上するテーラードジャケットならともかく、3000~8000円くらいの安い値段のテーラードジャケットは、クリーニングに出すお金と手間がもったいないですよね

なので私は、安いジャケットは自宅で洗濯をしています。ちょうど洗いたいジャケットがあったので、自宅で型崩れしないよう洗う方法を書いていきますね!

スポンサーリンク

テーラードジャケットの洗濯を自宅でする前に、洗濯表示をチェック。

まずは洗濯を始める前に、ジャケットについている洗濯表示マークのタグを確認する必要があります。「洗濯機洗いできるマーク」や「水洗いできるマーク」があるものは、エマールなどのおしゃれ着用洗剤で自宅でも洗うことができます。

テーラードジャケットの洗濯を自宅で。洗い方と型崩れを防ぐには?

↑上にある「水洗いできないマーク」がついていたら、自宅での洗濯は避けてクリーニング店に持って行くのが無難です。

理由は、水に入れることで色落ちや型崩れ縮みなどの可能性があるからです。

洗える、洗えないマークの見分け方については、エマールの商品サイトにも詳しく書いてありますのでわからない場合は参考にしてみてください。

…だがしかし、ケチな私は水洗いできないマークがついていても、洗濯表示タグに書いてある生地の素材を見て、水洗いに強い素材が多く混紡されていたら自宅で手洗いするというちょっと荒業で、安いジャケットならクリーニングには出していません。

さすがに一万円以上するようなジャケットは、デリケートな素材の生地を使っている場合も多いので、自宅で洗濯するには取扱いが難しいためクリーニングに出します。

が、安いジャケットの生地はそこまでデリケートなものは使われていないですし、大胆に型崩れをおこすほど肩パッドや芯が貼られているわけでもないので、自宅で洗っても意外と平気だったりします。

ここから下の文章はちょっと乱暴な言葉になりますが「水洗いできないマークのジャケットを無理やり洗うためにチェックする部分」になりますので、参考にされる場合は自己責任でお願いします。縮んだり型崩れなどの失敗があっても、責任は取れませんのであしからず…^^;

テーラードジャケットの洗濯を自宅で 洗い方と型崩れを防ぐには?

参考画像として、今回洗ってみたジャケットの素材です。主な素材はポリエステルで、レーヨンが30%混紡された生地になります。

このレーヨンという素材は水を吸うと縮みやすいため、水洗いできないマークがついていることが多いです。

さすがにレーヨン100%のジャケットはクリーニングに出したほうがいいと思いますが、ポリエステルやナイロンなどの化学繊維と混紡されていれば、短時間で洗えばほぼ縮むことはないし型崩れや風合いの変化も特にないかな?と感じています。

ポリエステルやナイロンは縮みにくい素材なので70%以上混紡されている生地であれば、私は自宅で洗ってしまいます。

あくまで目安なので、個人的な意見として参考にしていただければと思います。縮みやシワなどの型崩れが心配な場合は素直にクリーニングに出すことをオススメします。

テーラードジャケットの洗濯を自宅で 洗い方と型崩れを防ぐには?

色落ちが心配な場合は、目立たない所に洗剤をしみこませた白い布をあててみて色移りがあるかチェックしてみてください。黒や紺などの濃い色は色移りしやすいので、そういった場合もクリーニングにお任せしたほうがいいかと思います。

ひととおりチェックが終わったら、次のテーラードジャケットの洗い方にお進みください。

テーラードジャケットの洗い方。

それではジャケットの洗い方です。ジャケットを型崩れしないように洗うコツは、きれいにたたんで小さ目の洗濯ネットに入れてから洗うことです。こうすることで、ネットの中でジャケットが泳いでよじれたり、変なシワがつくのを防ぐことができます。

テーラードジャケットの洗濯を自宅で 洗い方と型崩れを防ぐには?

使う洗剤はエマールです。アクロンやボールドなどおしゃれ着用の洗剤はほかにもあるので、お好みのもので洗っていきましょう。

「洗濯機洗いできるマーク」のあるジャケットなら、ドライマークコースやおしゃれ着洗いコースなどの弱水流を選べば洗濯機で洗っても大丈夫です。

テーラードジャケットの洗濯を自宅で 洗い方と型崩れを防ぐには?

「水洗いできるマーク」の場合は手洗いをしていきます。まずは洗濯液を作っていきましょう。エマールの場合、水4Lに対しエマール10mlを入れていきます。水温は必ず30℃以下におさえましょう。

温度が高いと縮みやすくなるからです。洗濯ネットに入れたジャケットを優しく押し洗いしていきます。だいたい20~30回ぐらいでOK。

もんだりこすったりするのは、型崩れやシワの原因になるのでダメですよ!

「水洗いできないマーク」のジャケットは、押し洗いではなくつけこみ洗いをしていきます。15分もつけこめば充分です。

だが今回私が洗うジャケットは、レーヨンが混紡された生地なので15分もつけこんだら縮む可能性があるので、それよりも短時間で洗わなければいけません。

レーヨンの洗い方については、こちらのサイトに詳しく書かれているので参考にしてみてください。レーヨンが混紡された生地は、サッと素早く水にくぐらせて数回押し洗いするのが縮ませないコツです。

テーラードジャケットの洗濯を自宅で 洗い方と型崩れを防ぐには?

洗い~すすぎ~脱水まで、トータルで2分までの短時間でおこないます。レーヨンは水につけこんでいるときがいちばん縮むとされているので、洗いとすすぎの際に軽く水にくぐらせながら洗うようにすると縮みにくいです。

おしゃれ着用の洗剤は泡切れがいいものが多いので、そこまで念入りにすすがなくても大丈夫。洗い・すすぎ30秒ずつ、脱水に1分を目安にすれば2分以内に洗い終わりますので、水をためてすぐに流せるように洗面所などで洗うとスムーズです。

テーラードジャケットの型崩れを防ぐ脱水方法と干し方。

洗い終わったら洗濯機で脱水をかけていきます。型崩れを防ぐために1分程度脱水にかけたら、残りの水分はバスタオルに挟んで吸い取るようにして取りましょう。

これで干したときに水がしたたることもなくなります。

脱水が終わったらハンガーにかけて陰干し、または部屋の風通しがいい場所に干して乾かします。

干すときも型崩れしないように、肩の部分がしっかりとしたハンガーに掛け、襟の部分をきちんと折って干してください。ワイヤーハンガーは肩の部分がつぶれたりする可能性があるので避けましょう。

テーラードジャケットの洗濯を自宅で 洗い方と型崩れを防ぐには?

こちらが洗いあがったジャケットです。特に縮みや型崩れもなく無事に洗濯終了です^^あとはしっかり干して乾かしてください。

スポンサーリンク

さいごに

ジャケットの洗い方は、いろいろなサイトで少しずつ違った洗い方が紹介されていますので、個人的なやり方として参考にしていただければうれしいです。

全てがあっているわけではありませんので(←特にレーヨンの洗い方とか…)少しでも自宅で洗濯するのに迷いがある場合は、素直にクリーニングに出すほうがいいと思います。

洗ったジャケットにシワができた場合は、自宅でアイロンがけする方法をこちらに書きましたので、あわせて一読していただけたらうれしいです。さいごまで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする