のし袋の短冊を印刷するテンプレートを紹介。うまく書けない方必見!

のし袋の短冊を印刷するテンプレートを紹介。うまく書けない方必見!

こんにちは、ご祝儀などの「のし袋」の表書きは、筆ペンに自信がない方にとってなかなかの苦行ですよね。

私も左利きなので筆ペンで字を書くと、ものすごく汚くなります^^;そのため今ではのし袋の表書きは、筆ペンではなくパソコンで印刷しています。

そこで今回は、短冊を使ったタイプののし袋を印刷する方法について書いていきます。

スポンサーリンク

のし袋の短冊を印刷するテンプレートを紹介。

のし袋の短冊に表書きを印刷するためのフリーソフトって実はあんまり見つからないんですよね。

そんなときは株式会社マルアイさんから配布されている金封というテンプレートが便利です。ワードで宛名を編集して印刷するタイプのテンプレートなんですが、婚礼と一般御祝の2つのタイプからダウンロードできるのが嬉しいですね。

マルアイさんから発売されている製品向けのテンプレートなので、普通のA4用紙に印刷する場合は自己責任で利用しなければいけませんが、短冊のサイズにカットすればいいので、個人的にはそこまで問題ないかと思います。

もちろんフリーで利用できますのでさっそく印刷してみましょう。

のし袋の短冊を印刷する方法。

のし袋の短冊を印刷するテンプレートを紹介。うまく書けない方必見!

まずは先ほどのテンプレートをダウンロードして、表書きを編集しておきます。印刷する用紙は普通のコピー用紙でも構いませんが、厚手のコピー用紙やパソコン印刷用の和紙などを使うとちょっと高級感が増します。

私はいつも厚手のコピー用紙を使っていますが、印刷してカットするときに破れにくいし、カバンの中に入れても折れにくいのでオススメですよ。

のし袋の短冊を印刷するテンプレートを紹介。うまく書けない方必見!

サンプルを印刷するとこんな感じになります。テンプレートが専用の用紙のサイズに設定されているので、A4用紙に印刷するとまんなかにプリントアウトされてきます。

全部で3パターンの短冊が印刷できるようになっているので、お好みのタイプのものを編集してください。

今回は一番右側のシンプルなものを編集してみました。テンプレート通りに印刷すると、「寿」の部分は「御祝」になっているのですが、「御霊前」とかに編集すればお通夜に持っていくのし袋の短冊にも使えるので便利ですよ。

のし袋の短冊を印刷するテンプレートを紹介。うまく書けない方必見!

印刷した短冊をカットしていきます。のし袋に付属されていた短冊を印刷した用紙の上に重ねてカットすれば、のし袋の大きさに合った短冊が簡単に作れます。

のし袋の短冊を印刷するテンプレートを紹介。うまく書けない方必見!

私は鉛筆で軽くしるしをつけてからハサミでカットしています。カッターを使ってカットするとずれたりして、余計なところまでカットしてしまうと嫌なので…^^;

のし袋の短冊を印刷するテンプレートを紹介。うまく書けない方必見!

カットした短冊をのし袋にセットしてみました!しるしをつけたときの鉛筆の跡は、消しゴムで消してからセットするといいですよ。

こんな感じできれいに印刷できるので、筆ペンに自信がない方はぜひ短冊印刷を試してみてくださいね。

スポンサーリンク

のし袋がうまく書けないときに印刷ってありなの?

のし袋のあて名書きは、なんとなく筆ペンで直筆じゃないといけない感じがしますが、実際はパソコンで印刷している方も結構いらっしゃいます。

私も今までに何度もパソコンで印刷したご祝儀袋を結婚式に持って行きましたが、「なんで直筆じゃないんだ!」と咎められた経験はありません。

のし袋のあて名書きのマナーで、「パソコンで印刷したものを使ってはいけない」という決まりはどこにもないです。なので、そんなに神経質にならなくても大丈夫です。

直筆じゃないと感情がこもっていないからダメなんじゃないか、と思ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、「字が汚いからパソコンで印刷して読みやすくしよう」という気持ちだって、相手を気遣った立派な心遣いではないでしょうか?私はそんなふうに考えています^^

さいごに

のし袋の短冊も、テンプレートを利用すればきれいに作ることができます。短冊のテンプレートではありませんが、のし袋のテンプレートから短冊を印刷する方法については、こちらの日記でも紹介していますので、合わせて参考にしてみてください。

さいごまで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする