接着芯の貼り方のコツ アイロンの温度とはがれる原因。

接着芯の貼り方のコツ アイロンの温度とはがれる原因。

お洋服やバッグを作るのに欠かせない、影の重要アイテム接着芯!

きれいに接着芯を貼るにはちょっとしたポイントがあるので、接着芯の扱いって苦手なんだよな…という方も結構いらっしゃるのでは?

そこで以前洋裁教室で教えてもらった、接着芯をきれいに貼るコツについて書いていきます。

スポンサーリンク

接着芯の貼り方のコツ。

実際に生地に接着芯を使いながら、きれいに貼るためのポイントをあれこれ解説していきますね(笑)

接着芯の貼り方のコツ アイロンの温度とはがれる原因。

① まずは接着芯と接着芯を貼る生地を、少し大きめ(1㎝ぐらい余分)にカットします。

生地を裁断してから接着芯を貼ると、ずれたりほつれたりする場合がありますので、接着芯を貼ってから生地をカットすると布端もきれいです。

接着芯はものによって、アイロンをかけた時に少し縮むことがあります。大きめにカットしておけば、少し縮んでも生地のはじっこまでぴったり貼れますよ。

接着芯の貼り方のコツ アイロンの温度とはがれる原因。

② 接着芯の裏からアイロンをかけていきます。

アイロンをかける時はごしごし擦ると接着芯がずれたり、はがれたりする原因になるので、生地のはじっこから少しずつプレスするようにかけるのがポイントです。

一ヶ所に長時間アイロンをプレスすると接着芯が焦げるので、5秒ぐらいプレスしたら次のところにアイロンをかける…という感じで貼っていきます。

以前通っていた洋裁教室の先生がおっしゃっていたのですが、昔の接着芯は少し湿らせてから貼るものも多かったけれど、最近の接着芯は湿らせて貼ると逆にはがれてしまうとのこと。

(↑接着芯の糊が昔と今では質が違うため)

そのためアイロンをスチームにして接着芯を貼ると、水分が蒸発せずくっつくまでの時間が長くなるのでアイロンはドライにしてかけるようにしましょう。

接着芯を少し大きめにカットしているので、アイロン台に接着芯の糊がついてしまうのが嫌な場合は、アイロン台にあて布を敷いてから貼ると糊がくっつきません。

あて布がない時はクッキングシートを使ってみて下さい。耐熱性があるので焦げる心配がなくてアイロンの滑りもいいですよ~。

裏からアイロンをかけたら、生地の表からも軽くアイロンをかけていきます。こうすることで、部分的に浮いてる接着芯もきれいにくっつきます。

接着芯の貼り方のコツ アイロンの温度とはがれる原因。

③ 生地の両面にアイロンをかけたら、余分な生地と接着芯をカットしていきます。

アイロンの熱が冷めないうちは接着芯の糊が完全にくっついていないので、せめて1時間ぐらいはそのまま放置して、生地の熱が冷めてからカットするようにしましょう。

接着芯の貼り方のコツ アイロンの温度とはがれる原因。

生地のはじっこまできれいに接着芯が貼れました!特別な道具を使ったりしなくても、ご自宅でできるコツなので、ぜひお試しあれ~。

接着芯とアイロンの温度の関係。

接着芯はアイロンの熱で糊を溶かして接着するものなので、高温でアイロンをかけたほうがしっかり接着できそうな感じがします。

これも洋裁教室の先生に教えていただいたポイントなんですが、接着芯の糊は高温でアイロンをかけてしまうと、生地に残らず焼けてしまってくっつかない原因になるんですって。

接着芯を貼る生地の素材にもよりますがアイロンの温度は中温ぐらいに設定すれば、糊がじゅうぶん溶けますので、あまり高温のアイロンをかけるのは注意しましょう。

接着芯を貼っている時にちょっと焦げ臭い感じがして、アイロンの熱が冷めてもはがれてくるようなら、糊が焼けている可能性があります。

アイロンの温度を下げてから、もう一度接着芯を貼ってみましょう!

接着芯がはがれる原因。

接着芯がはがれてくる原因は、うまく貼るコツのところでもいくつか書きましたが、いちばんの原因は完全に接着する前に触りすぎることだったりします。

「ちゃんとくっついているのかな?」と、心配になって触って確かめたい気持ちはめちゃめちゃわかるのですが、アイロンの熱が完全に冷めるまでじっとガマンです(笑)

アイロンの熱が冷めないうちは、糊が完全に固まっていないので触った瞬間に動いてしまい、ペラッとはがれてしまいます。

普通の紙に使う糊も完全に乾く前に触ってしまうと、ずれたりはがれたりしますよね。接着芯も同じなんです。

「接着芯の糊が完全に固まるまで、1日は触らないようにしましょう」なんて書かれている洋裁の本もあるぐらいです。

余裕がなくて1日待つのが難しい場合もあると思いますので、せめて1時間はしっかり熱を冷ましてあげるようにしましょう。

スポンサーリンク

さいごに。

接着芯と生地の相性によっては、今回書いたコツを試していただいてもはがれやすい場合も多少はありますが、だいたいの場合はきれいに貼れるのでぜひやってみてくださいね!

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする