汗染みの目立たない色は?汗かきさんが注意したい服選びのコツ。

汗染みの目立たない色は?汗かきさんが注意したい色と服選びのコツ。
こんにちは、汗かきさんにとって夏は服の汗染みがとっても気になる季節ですよね。私も汗かきなので、夏の服選びはほかの季節にくらべて慎重になります。

そこで今日は、私が今まで買った服を中心に

「これは目立たない!」

「これは目立つからダメだ!」

…という色をまとめてみました。汗かきさんの夏の服選びの参考になればうれしいです。

スポンサーリンク

汗染みの目立たない色は?

汗かきさんでも汗染みの目立たない色は白と黒、というのはどんなサイトにも書いてありますが、この2色以外でも目立たない色はあります。

白と黒以外ですと、濃い目のネイビーは色味が黒に近いので汗染みが目立ちにくく、汗かきさんでも安心です。

基本的に明るい色より暗い色の方が汗染みが目立ちにくいとされていますが、明るい色でもパステルカラーのような淡い色なら目立ちにくいです。

パステルカラーのピンク、イエロー、グリーン、ブルー、パープルなんかを選ぶといいですよ。

パステルカラーというのは白が混じった中間色になるので、目の錯覚で汗染みを目立ちにくくしてくれます。

夏は白と黒のトップスばかりで色味のあるものはなかなか手をだしにくいという場合は、これらの色からチャレンジしてはいかがでしょうか。

汗かきさんが注意したい服の色は?

汗かきさんが着ると汗染みがくっきりわかってしまうので注意したい色はグレー!どんな色よりも汗染みになりやすい色です。

白に近い薄いグレーでもダメ。とにかく汗で色が変わりやすいことで有名なので、一度は耳にしたことがあると思います。

グレー以外だとベージュ、ブラウン、カーキなど茶系の色、原色系のパキッと発色するものも汗染みが目立ちやすいです。

個人的に原色系のブルー、スカイブルー、グリーン、オレンジ、レッドは夏のTシャツなんかによく使われている色ですが、どれも汗染みで悲惨なことになるので注意したほうがいいですよ。

もしもこれらの汗染みが目立つ服を夏に着たい場合は、大きめの汗取りパッドがついたインナーを着用するとだいぶ違います。

形もタンクトップ、キャミソール、Tシャツなどいろいろなタイプがありますので、ご自身の持っている服の形に合わせて選ぶのがポイントです。

私はTシャツタイプの汗取りパッドがついたインナーを利用することが多いのですが、袖の長さがあるおかげで脇汗をしっかり吸ってくれ、オレンジ色のTシャツを着るときに重宝しています。

薄手やメッシュなどの素材を選べば、Tシャツと重ねて着ても暑苦しくないので汗かきさんは汗取り系インナーを使ってみるのもアリですよ。


スポンサーリンク

汗かきさんの服選びのコツ

汗かきさんの服選びのコツとして、汗染みが目立たない色の服を選ぶのはもちろんですが、服のデザインや素材、柄によっては汗染みが目立ちやすい色でも目立ちにくくなる場合があります。

汗染みの目立ちにくい素材や柄について書きましたので、あわせて読んでみてください。

汗染みの目立たない色は?汗かきさんが注意したい色と服選びのコツ。

汗染みの目立ちにくいデザインだと、こんな感じの薄手の生地でゆったりした服なら、体に張り付きにくいので汗をかきにくく、汗かきさんでも夏を快適に過ごせます。

また、プリントがある服はプリント部分に目がいきやすいので、汗染み部分から視線をそらす目くらまし的な役割もあります。

汗染みの目立たない色は?汗かきさんが注意したい色と服選びのコツ。

こちらは原色系のブルーですが、袖が短めなのと脇にゆとりがあるデザインなので、脇に汗染みができにくいです。

ドルマンスリーブのカーディガンやセーターなんかも、全体的にゆとりがあって汗をかきにくいです。

サマーニットは網目も大きいので風通しもよく、Tシャツよりも涼しいのがポイントです。

デザインや素材、柄の選び方で汗染みの目立ちやすい色でも目立ちにくくすることは可能ですので参考にしてみてください。

さいごに

汗かきさんにとって夏の服選びは悩みのタネですが、汗染みの目立ちにくい色やデザイン、柄などで汗染みも結構目立たなくなります。

うまく組み合わせて汗ばむ季節を乗り切りましょう!最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする