軽自動車で寝る方法とコツ。車中泊でなるべく快適な睡眠をとるには?

軽自動車で寝る方法とコツ。車中泊でなるべく快適な睡眠をとるには?

以前軽自動車で車中泊する方法で、フラットシートにできない車をシートの改造なしで寝るための方法について書いたのですが、意外な反響があってびびっていますw

そこで軽自動車で寝る方法やコツについて実際に試したもので、これはなかなかいけるぞ!と感じた方法を紹介していきます。

軽自動車で車中泊をやってみたいけど、シートの改造うんぬんはちょっとな…と考えている方は、参考になさってください。

スポンサーリンク

軽自動車で寝る方法 シートの改造をしない場合は?

私が普段乗っている車は、5年以上前に出たムーブなので、当然シートにフルフラット機能はありません。

ですが、後部座席を後ろへ下げられるだけ引いてからシートをめいっぱい倒せば、意外と平らになります。

実際にご自身の車でもやってみてください!これぐらいなら足元をどうにかすれば座り寝ではなく、横になって寝られるようになります。

軽自動車で寝る方法とコツ。車中泊でなるべく快適な睡眠をとるには?

まずは以前も書いた、クッションが1つあればできる方法から紹介します。

軽自動車で寝る方法とコツ。車中泊でなるべく快適な睡眠をとるには?

二つ折りしたクッション(どんなものでもいいです)をダッシュボードの上に置いたら、その上に足をあげて寝る方法です。

これは助手席側の写真ですが、運転席でもハンドルの後ろにクッションをしいて、ハンドルの脇に足をあげれば同じように寝られます。クッションをしくことで、足首も痛くならないです。

ちょっとお行儀悪いですが、足を下げたままひざ裏を圧迫して辛い思いをするより全然マシですし、むくみでエコノミークラス症候群になるのも防ぐことができます。

車中泊のために立ち寄ったSAなどで、同じように足をあげて寝ているトラックのドライバーさんも結構見かけるお手軽な方法です!

軽自動車で寝る方法とコツ。車中泊でなるべく快適な睡眠をとるには?

今度は足元のスペースを埋めて、足を下げて寝る方法。この白いマルで囲んだ部分を身近にあるもので埋めていきます。

軽自動車で寝る方法とコツ。車中泊でなるべく快適な睡眠をとるには?

こんな感じで座席の高さと足元の奥行にだいたい合う大きさの段ボールを用意します。

そのまま組み立てただけだと、足を乗せたときつぶれることがありますので、中にカスガイの役目をする折りたたんだ段ボールを入れて補強してあげるといいです。

こちらのブログで段ボールをカスガイで補強している画像があるので参考にしていただくとわかりやすいと思います。段ボールをセットしたら、その上にクッションをかぶせて準備OK。

軽自動車で寝る方法とコツ。車中泊でなるべく快適な睡眠をとるには?

セットした段ボールに足を乗せれば、足を下ろした状態でもシートに横になった状態でも寝ることができます。

段ボールを組み立てるときにガムテープで底をとめないようにすれば折りたためるので、使わない時はトランクや後部座席に置いておけば邪魔にならないです。

段ボールで足元を埋める方法は、身長180㎝ぐらいの男性でも横向きならひざがちょっと曲がるぐらいの体勢で寝ることができるため、足もむくみにくいくなります。

車中泊にハマった場合は、段ボールを卒業して折りたたみ式の踏み台で同じように足元を埋めてもOK。

段ボールは1回の旅行で汚れたりくたびれたりするので使い捨てになりますが、踏み台なら繰り返し使えるしやはり段ボールよりも強度があります。

私もダッシュボードに足乗せ→段ボール→踏み台、と試してきて、最終的にいちばん安定感があって寝やすいので現在は踏み台を利用しています^^

とりあえず最初は、手軽に段ボールからチャレンジしてみてはいかがでしょうか?一人で寝るなら後部座席に横になって寝てしまうのもアリです!

車で寝るためのコツは?

車の中でうまく寝るためのコツは、できる範囲で横になれるようシートの寝心地をよくするのがポイントです。

軽自動車だとシートが倒せる限界があるので、うまく体を伸ばせず疲れが取れにくいといった話もよく聞きます。

先ほど紹介した足元を埋める方法なら、軽自動車でもだいぶ足を伸ばせるようになりますが、座席の段差で体が沈み込んで腰が曲がってしまう、という場合は座席の段差をクッションで埋めると良いです。

軽自動車で寝る方法とコツ。車中泊でなるべく快適な睡眠をとるには?

これは後部座席から撮った写真ですが、シートを倒した部分の段差をクッションをしいて埋めています。プラスアルファでヘッドレストがあれば首も痛くなりにくいです。

私はヘッドレストを枕代わりにしてしまいますが、車中泊に慣れていない場合はいつも使っている枕を積んでおいて、寝る時に頭の下に敷くとだいぶ寝心地も良くなりますよ。

スポンサーリンク

車中泊でなるべく快適な睡眠をとるには?

車中泊でなるべく快適な睡眠をとるには、車内をできるだけ普段の寝室に近い状態にするのがベストなんですが…そう簡単にできるものじゃないですね^^;

なるべく快適な睡眠をとるためにシートの準備が整ったら、あとは窓の目隠しをしましょう。これだけで周りの様子が気にならなくなり、快適な睡眠に一歩近づきます。

フロントガラスは日よけのサンシェードで目隠しをすれば、外からは全然見えなくなります。

5月ぐらいのちょっと汗ばむ季節なら、そのまま車内の温度上昇を防ぐのにも役立ちますよ。車中泊をするなら1年中サンシェードは大活躍しますので必ず用意しておきましょう!

サイドガラスの目隠しは、サイドガラス用のサンシェードでもいいですが、カーテンをつけてしまった方が目隠し効果は高いです。

車 カーテン 取り付けで動画検索をすると、YouTubeなどで車種別にカーテンを取り付ける方法や、100均のグッズでカーテンを自作されている方の動画などたくさんありますので参考になります。

サイドガラスにカーテンを取り付けると、車内の明るさも一気に暗くなりますので眠りにつきやすくなりますよ。

目隠しをして車内の明るさを落としても、外の音が気になってしまうといった場合は、耳栓を用意しましょう。

車のエンジン音などの騒音だけカットする耳栓もありますので試してみてはいかがでしょうか?

また、車内は冷えやすく暑くなりやすいので、季節に応じた肌掛けや毛布なども用意しておきましょう。

冬は毛布や寝袋がないと寒くて寝られませんし、5月ぐらいのあたたかい季節でも明け方は寒かったりで目が覚めてしまうこともあります。

ちょっとした工夫で寝やすくする方法はいろいろありますので、まずは目隠しで車内の明るさを落とすところから始めてみましょう!

さいごに

車中泊中にどうしても寝られず疲れが取れない場合は、ユースホステルやビジネスホテルのように素泊まりで安いところへ1日だけ泊まって、ゆっくり休んで体力を回復するのもアリです。

軽自動車に限らず車の中は普段寝ている環境と違うため、どうしても熟睡できない方もいらっしゃいますので、今回紹介した方法も熟睡度合に個人差がある、と考えていただければと思います。

ご自身の体調と相談しながら軽自動車での車中泊にチャレンジしてくださいね。さいごまで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする