軽自動車の暑さ対策 後部座席の対処やグッズのおすすめ個人まとめ。

軽自動車の暑さ対策 後部座席の対処やグッズのおすすめ個人まとめ。

夏は車に乗るのが憂鬱な季節です。特に軽自動車は後部座席にエアコンが無い車がほとんどなので、暑さ対策に苦労します…

私も軽自動車に乗っているので、夏は車内の温度上昇を防ぐためのアイデア、グッズなどをいろいろと試してきました。

その中で個人的にいいな!と感じたアイデアやグッズをまとめてみました。

スポンサーリンク

軽自動車の暑さ対策はどうすればいい?

軽自動車の暑さ対策で、エンジンをかけたら全てのドアの窓を全開にして、エアコンを最強で稼働させて2~3分後に乗車するという方法は、てっとり早く車内の熱気を逃がせるのでぜひ試してみてください。

広い場所でドアを開けても大丈夫ならば、ドアを全開にしてエアコンで車内にこもった熱気を循環させれば一気に外へ逃がすことができるので、より早く車内の温度を下げることができます。

エアコンをかけたらすぐに窓を閉めてしまう方も多いようですが、熱気が全部逃げたなと感じてから窓を閉めたほうが、早く車内の温度が下がるので汗だくにならないです。

私が乗っている軽はエアコンをかけてもあまり風が冷たくないので、車内の熱気を逃がしたらエアコンをとめて全部のドアを三分の一から半分ほどあけて、自然の風をエアコン代わりに使っています。

走行中は窓をあければ風が入ってくるのでエアコンをかけなくても涼しいですし、信号待ちで停車すると風はそこまで入ってきませんがわずかな時間なのでそこまで不自由していません。

エアコンの風がいまいち冷たくないと感じている方は窓をあけてエアコンを使わないという方法も試してみてはいかがでしょうか?

普段から車内の温度を上昇させないように、車を停めるときはなるべく日陰に停める、というのも地味ながら暑さ対策には一役かってくれます。

しかし、なかなか都合よく日陰の駐車場ばかりあるわけでもないので、サンシェードも必ず常備しておきましょう!

フロントガラスにサンシェードをすることによって、何もしない状態とくらべて20℃近く温度が下がるというデータもありますので見逃せないですよね。

お買いものなどで10分~30分ぐらいの短時間だけ駐車する場合は、窓を人の手が入らない2~3㎝だけ開けておくのも、車内に熱がこもりにくくなるお手軽な方法です。

後部座席の暑さ対策はどうすればいい?

軽自動車は後部座席にエアコンの吹き出し口がないので暑さ対策に苦労します。

エアコンの風がそこそこ冷たい車なら、中央の吹き出し口に風を集中させて最大で風を送ると後部座席まで風が届きます。

運転席側と助手席側からも風が出るようにすると分散して風速が落ちてしまうので、中央に集中させるのがポイントです。

エアコンの風が冷たくない場合は、窓を開けて自然の風を使って車内を冷やしたほうが個人的には涼しいかな、と感じます。

車の暑さ対策グッズでおすすめなもの。

車の暑さ対策グッズでおすすめ、というか必需品はやはりサンシェードです。

以前はフロントガラスのみサンシェードを使っていたのですが、サイドガラス用のものを運転席と助手席側に併用するようにしてから、車内の熱気がさらに軽減されるようになりました。

後部座席側には遮光カーテンが役立ちます。後部座席ならしめたままでも走行できますので、太陽光をさえぎって暑さを軽減させてくれます。

カーテンレールを取り付ければ、カーテンをしめたまま窓をあけてもカーテンが暴れないですよ。

後部座席の窓に断熱用のミラーフィルムなどを貼ってみたこともありますが、こちらは熱より紫外線をカットするための効果のほうが強く、暑さ対策としてはいまいちでした…

フィルムよりもカーテンの方が暑さ対策には役立ちます(笑)

シートの暑さとムレが気になる場合は、メッシュ素材のシートクッションや背もたれを使うのもいいですよ。

個人的にメッシュ素材の背もたれと100均に売っている凍らせても柔らかい氷枕を、背中の間に挟んで使ってみたところあまり汗をかかず快適でしたので、こちらもあわせてお試しください^^

スポンサーリンク

さいごに。

軽自動車にもいろいろな車種がありますので、今回紹介した方法はあくまで一例として、個人的な暑さ対策のひとつで参考になさってください。

さいごまで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする