Yシャツのリメイク 袖を取ってノースリーブのブラウスにする方法!

Yシャツのリメイク 袖を取ってノースリーブのブラウスにする方法。

クローゼットを整理していたら、以前仕事で着ていたユニクロの七分丈Yシャツが見つかったので、袖をはずしてノースリーブのブラウスにリメイクしてみました。

作り方の手順をまとめてみたので、お家にある着ないシャツのアレンジにいかがですか?

スポンサーリンク

リメイクの手順。

Yシャツのリメイク 袖を取ってノースリーブのブラウスにする方法!

① まずはシャツ本体から袖を取ります。私はシャツと袖を縫ってある糸をほどいて取りました。

少しだけめんどくさかったので(笑)シャツと袖が縫ってあるところを、はさみでカットしてもいいですよ。

Yシャツのリメイク 袖を取ってノースリーブのブラウスにする方法。

② 袖を取ったらバイアステープを使って、袖口がほつれてこないように始末していきます。

袖口をくるまず、裏側に縫い付けて始末するので、幅は9~12㎜のバイアステープを使うと見た目もきれいに仕上がります。

シャツの表側から袖口にぐるっと一周、バイアステープを縫い付けてください。折り目の部分をミシンで縫うとまっすぐ縫えます。

バイアステープのはじっこはほつれないように、1㎝重ねてから縫ってくださいね。

市販のバイアステープを使ってもいいですが、取った袖の生地でシャツとおそろいのバイアステープを作ると、仕上がりの見た目がより自然になります。

私はクロバーさんから発売されているテープメーカーを使って、バイアステープを自作しています。

カットした布をテープメーカーにセットして、アイロンをかければ簡単にバイアステープが作れる便利アイテムですよ。

Yシャツのリメイク 袖を取ってノースリーブのブラウスにする方法!

③ 袖口にバイアステープを縫い付けたら、シャツの裏側に折り返し、ずれないようにしつけ糸で縫います。仮縫いできたらミシンで縫い付けて仕上げていきます。

バイアステープを縫う時に、ずれるしうまく縫えないから苦手…という方も多いのでは?私もそんな一人です(笑)

バイアステープは袖口や襟ぐりなど、カーブしている部分にフィットさせるために伸びるようできています。

そのため、まち針でとめただけだと縫ってるうちに少しずつ伸びてしまい、ずれてうまく縫えないんですよね…

これを解消するために、バイアステープはしつけ糸でしっかり仮縫いしてから縫うといいですよ。

しつけ糸で仮縫いするとひと手間かかりますが、「縫い目がずれて失敗したー(泣)」

…となってほどいて何度も縫い直すよりは、仮縫いしてから縫ったほうが失敗は減るので、総合的な手間は減ります^^;

☆しつけ糸で仮縫いするポイントと、ミシンで縫うコツ。

Yシャツのリメイク 袖を取ってノースリーブのブラウスにする方法!

バイアステープをしつけ糸で仮縫いする時のポイントは、バイアステープのふちから2~3㎜内側(←だいたいでOK)を仮縫いすることです。

こうすることで、しつけ糸で縫ったラインがミシンで縫う時のガイドラインになります。しつけ糸のとなりをミシンで縫うようにすれば、縫い目が曲がらずきれいに縫えます。

しつけ糸はミシンで縫ったら抜き取ってしまうので、抜きやすいようにしつけ糸のとなりをミシンで縫うのがコツです。

しつけ糸の上をミシンで縫うと、抜くのが大変になります(汗)

両方の袖口のバイアステープをミシンで縫ったら、しつけ糸を抜き取ってバイアステープの上に仕上げのアイロンを軽くかければできあがりです。

スポンサーリンク

完成!

Yシャツのリメイク 袖を取ってノースリーブのブラウスにする方法。

シンプルなノースリーブシャツのできあがりです。昼過ぎに作りはじめて、できあがった時には夕方になってしまったため、若干背景の色がオレンジになっています(笑)

七分丈のYシャツは袖丈が中途半端なので着こなしに困るため、仕事以外では着なかったのですがノースリーブにしたことで、セーターやカーディガンのインナーに使えるようになりました!

もともとのYシャツのデザインによっては、袖を取ると脇が空きすぎて下着が見えてしまう…

というものもあるかと思いますが、そんな時は下にインナーを着てオーバーシャツみたいに着こなしてもかわいいですよ^^

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

Yシャツの襟をスタンドカラーにする方法を書きました!←New!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする