Tシャツからリメイクするレジ袋型エコバッグの作り方

襟ぐりが伸びたり小さな穴が空いたりして着られないTシャツ…その他の部分は全然傷んでなかったりするので、個人的に捨て時の分からない物の第一位だったりします。

そんなTシャツを使ってレジ袋型のエコバッグの作り方を考えてみました。

縫うところ少な目・型紙ナシでできるリメイクを目指してみたのですが思いのほか使い勝手のいいエコバッグに仕上がったので、お家に捨て時不明のビミョーなTシャツがあったらぜひ作ってみてください。

スポンサーリンク

材料

・いらないTシャツ 

材料はTシャツ1枚あればOK的な気軽にできるリメイクなので、まずはひとつ縫ってみて(・∀・)イイネ!!…と思ったら洗い替え用に量産しても楽しいです。

それでは縫っていきたいと思います。

作り方

① はじめにTシャツの両袖を切り落とします。もともとの袖がついているラインを生かしつつ、フリーハンドで脇の下から肩に向かって少しカーブをつけながら切っていきます。

袖はTシャツを半分に折ってから2枚一緒に切ると左右対称になるのでお試しください。

私はぶっつけ本番でハサミでジョキっと切ってしまいましたが、不安な場合はチャコペンで切るところを下描きしてから裁断したほうが安心かと思います。

② 袖の次は襟ぐりを切り落として持ち手を作っていきます。襟ぐりもフリーハンドでかまいませんので、肩に向かってカーブさせながら切っていきます。

この時、上の写真のように持ち手の幅が5cm・長さが10~15cmぐらいの寸法になるよう調整しながら切ってください。

この寸法より短くなってしまうと完成した時に持ち手が短くなって持ちづらくなります(試作の時に失敗した人より)

③ 袖と襟ぐりを裏へ1cmの幅で折り、真ん中ぐらいの位置(写真の赤い線がついているところ)にぐるっとミシンをかけて縫い留めます。

写真では見やすいよう切った布端にロックミシンをかけていますがTシャツ生地はほつれないので、これを読んで作ってみようかな~と思われた方は布端を切りっぱなしのまま縫ってしまって大丈夫です!

④ 裾の縫い目がある部分を切り落としバッグの底を作ります。脇を5cmずつ折ったら1cmの縫い代で底を縫い閉じたら表にひっくり返してできあがりです。

パッと見はペラいんですけど底を縫う時に折った脇の部分がマチになっているので、見た目よりは結構容量のあるエコバッグに仕上がってます。

この写真はある日の夕飯の買い物したときに撮ったやつなんですけど、牛乳とかジャガイモの袋みたいな重いものを入れてもまだ余裕です。

今更ですが私が使ったTシャツ…サーバルキャットの顔が全面に印刷された大阪のおばちゃんみたいな柄ですが、結構インパクトあるTシャツでも案外可愛くリメイクできますよ。

ちょこっと改造Ver.

襟ぐりを縫う時にゴムを挟み込んで仕上げると、折りたたんだあとでばらけない様に留められるので持ち運ぶ際にちょっと便利になります。

上の写真では15cmに切った平ゴムを半分に折って襟ぐりの真ん中に挟んで縫ったものになります。

こんな感じで適当に畳んでもゴムでまとめておけばカバンの中でぐちゃぐちゃにならないので、持ち運び用のエコバッグとして使いやすいかと思います。

使うTシャツのサイズや柄によって大きさや雰囲気が変わってきますので、お家のもう絶対着ないであろうTシャツでたくさん作ってもらえたら嬉しいです♪

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

手作り
スポンサーリンク
この記事を書いた人
こんぶ

はじめまして、こんぶです。趣味のハンドメイドや御朱印、旅行先のレポートなどを不定期に投稿しております。気になる話題があれば気軽に読んでいってくださいね!

こんぶをフォローする
こんぶをフォローする
アジシオな日々

コメント

タイトルとURLをコピーしました