ガーゼ ストールの作り方 四角い大判サイズをハンドメイド♡

ガーゼ ストールの作り方 四角い大判サイズをハンドメイド♡

先日マリーゴールドを使って草木染めしたガーゼで、大判のガーゼストールを手作りしてみました。

シンプルな一枚布の四角いストールの作り方が載っている本やサイトがなかったため、試行錯誤で作ってみたのですが、なかなかの見た目に仕上がりました!

作り方の手順をまとめてみたので、大判ストールの手作りの参考になればうれしいです。

スポンサーリンク

材料はこちら。

  • ガーゼ 90㎝×90㎝

今回は正方形のストールを作りますので、布の横幅と縦幅を同じ長さでそろえて下さい。私は横幅が90cmのシングル幅のガーゼを使ったので、縦幅も90㎝でそろえました。

普通幅(約110cm)やダブル幅(約140cm)のガーゼを使うと、さらに大きなストールが作れます。

ふんわり軽くて初夏まで使えるストールに仕上げたかったので、厚さは普通の一枚仕立てのガーゼを選んでみました。

一年を通して寒い季節にも使いたい、という場合はダブルガーゼやリネンガーゼ、ウールガーゼなど、しっかりと厚みのある生地を選んで作っていきましょう。

作り方の手順。

① まずはガーゼの端をフリンジにするため糸を抜いていきます。

縦と横、それぞれ10㎝の所にチャコペンで線を引いて下さい。

② チャコペンで線を引いたところまで、布の端から糸を引っ張って抜いていきます。

縦と横あわせて4カ所あるので、ひたすら糸を抜き続ける作業の繰り返しになります(笑)

写真は横の糸を抜き終わって、縦の糸を抜いているところです。

ガーゼの糸は細くて柔らかいため切れやすく、おまけに抜いている途中に高確率で引っかかるのが少し難点です…

目打ちを使って引っかかった部分をほぐしながら、糸を少しずつ引っ張っていくと抜きやすかったのでお試しくださいね。

③ 糸を抜き終わったら1㎝ぐらいの幅で束にして結んでいき、フリンジを作ります。

糸を抜いたところを全て結んでいくので、やや手間のかかる作業ですが、きっちり1㎝の長さに計らなくても大丈夫です。

多少フリンジの幅が変わっても見た目に影響はないので、大雑把に1㎝の束にして、どんどん結んでいきましょう。

糸の束はそのままだとバラバラ広がって結びにくいので、少しねじってあげると結びやすくなります。

全部の糸を結び終わったらできあがりです。

スポンサーリンク

完成!

フリンジ用の糸を結ぶのに少し時間はかかりますが、単純作業の繰り返しで縫うところも全くありませんので、ミシンを持っていなくてもハンドメイドできますよ。

最近はかわいいプリントのガーゼもたくさん売っているので、柄物で作っても良さそう!

ガーゼストールは肌触りが優しいので、巻いたときにチクチクしないのもいいですよね^^

四角いストールは肩から掛けたり、無造作に巻いたりと使い勝手もいいので、布地を変えてもうひとつ作ってみたいと思います(笑)

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする