信玄袋の作り方 コキの使い方とあわせて写真付きで解説!

信玄袋の作り方 コキの使い方とあわせて写真付きで解説!

浴衣などの和装や、御朱印帳を入れるのに便利な信玄袋を手作りしてみました。

紐通しにはコキを使ってみたので、取り付け方とあわせて写真付きで作り方を書いていきます!コキを使った信玄袋を手作りしたい方の参考になればうれしいです。

スポンサーリンク

材料はこちら。

  • 表布 32×21㎝を2枚
  • 裏布 32×21㎝を2枚
  • コキ
  • 持ち手用の紐
  • ループエンド

今回作る信玄袋は、出来上がりの大きさが約30×19㎝のマチがない巾着タイプになります。

書いてある寸法には1㎝の縫い代が含まれているので、そのまま生地をカットしていただいて大丈夫ですよ。

参考までに私が普段使っている厚さ2㎝、長さ18㎝ほどの長財布が入る大きさにしてみました。表布と裏布はお好きな柄や素材でOK!

私は刺し子柄の手ぬぐいをリメイクして作ったのですが、無地や和柄、ちりめんなどで作ってもかわいいです^^

紐通しに使うコキはユザワヤで買いました。お住まいの近くにある手芸店で売ってないよ~という場合は、楽天などネットの手芸店で探すとたくさん見つかります。

信玄袋を1つ作るなら8コ入りのコキを用意すると、余りがでなくて使いやすいです。それでは作っていきましょう。

作り方の手順。

① まずは表布と裏布のはじっこに、ほつれ止めのジグザグミシンをかけておきます。お好みで底の角を丸くカットしてもかわいく仕上がりますよ。

コップの底や化粧品のボトルを使ってカーブの線をひくと、きれいに丸くカットできます。カーブの大きさはアバウトで大丈夫です(笑)

ほつれ止めをかけたら生地の表が内側になるよう2枚を重ね(←中表といいます)1㎝の縫い代で縫って袋を作ります(←写真の黒い線の部分)裏布も同じように縫ってください。

② 表袋と裏袋を縫ったら裏袋だけを表にひっくり返し、表袋の中に入れて重ねます。

2枚の袋をぴったり重ねたらまち針でとめて、そのままぐるっと袋の口を縫い合わせます(←写真の黒い線の部分)

この時ひっくり返すためのあき口を、5㎝ぐらい縫い残しておいてくださいね。

③ 表袋と裏袋を縫い合わせたらあき口から表にひっくり返し、全体的にアイロンをかけて形を整えます。

ひっくり返したら縫い目が目立たないように、コの字とじという縫い方であき口を縫いとじます。

コの字とじのやり方は、こちらの動画をご参考くださいね。

信玄袋の作り方 コキの使い方とあわせて写真付きで解説!
あき口を縫ったら形をととのえて、0.2㎝のところをぐるっと1周縫ってください。これで本体の袋は出来上がりなので、ひも通しのコキを取りつけていきましょう。

☆コキの使い方


① 袋の口を取りつけるコキの数だけ均等になるようしるしをつけます。
今回は8コのコキをつけるので、袋の前と後ろを5等分して4コずつ取りつけていきます。

袋の脇は縫い代が重なって生地が厚いためコキがはさみにくいので、脇を避けてしるしをつけるといいですよ!

② コキのすきまに袋をはさみ、付属の釘を穴に通します。

釘を貫通させたら先端をニッパーで切り落とします。釘は長さを残す必要はないので、根元ギリギリでカットしましょう。

③ 固い床や玄関などに下敷き(←工作板やいらない新聞など)をしてコキと布をしっかり押さえながら、金づちで釘の切断面を叩いてつぶします。

コキに付属してある釘は柔らかいので、叩くと先端がつぶれて抜けなくなり固定されます。

きれいに仕上げるポイントは、釘をなるべく短くカットすることと、力を加減しながら少しずつコンコン…と金づちで叩くことです。

コキの表面にキズがつくのが心配な場合は、上からいらない布をかぶせて叩くとキズがつきませんよ。

④ 叩いた釘の断面をさわってみて、ザラザラしたり、ひっかかったりしないか確認します。

釘のでっぱりが気になったり抜けたりする場合は、もう一度金づちで叩いてつぶしましょう。

⑤ 同じ手順ですべてのコキを取りつけたら、仕上げに紐を通します。

紐はコキにぐるっと1周通し、持ち手の部分を15㎝ほどつけてください。

紐にループエンドを通して、ほどけないよう先端をギュッと結びます。

私は木のループエンドを使いましたが、プラスチックや金属のループエンドでもカワイイと思いますよ。

ループエンドの中に結び目を押し込んで、見えないようにしっかり隠します。反対側からもう1本紐を通して、同じように処理すれば出来上がりです!

合切袋と信玄袋の違いって何?

信玄袋について調べると、合切袋(がっさいぶくろ)という名前がセットになってでてくることが多いですが、写真で見ても違いがどこかわからないですよね?

実はどちらも身の回りの小物(財布やちり紙など)を入れる巾着袋のことで、形に違いはなく、どちらも同じものになります。呼び名の由来が異なるだけなんですね^^

合切袋は「いっさいがっさい身の回りのものを入れる」ということからついた呼び名で、信玄袋については諸説あり、詳しい由来は未詳となっています(武田信玄が考案したものではないとされています)

スポンサーリンク

完成!

信玄袋は男性向けのデザインが多いのですが、かわいらしい柄の生地や、明るい色の生地で作れば女性向きのデザインにもなります。

私は浴衣とあわせて持てるように、長財布が入る少し大きめのサイズで作りましたが、もう少し小さいサイズにして御朱印帳袋や小物を入れる巾着にしてもいいですよ。

アレンジしながらオリジナルの信玄袋を作ってみてください。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする