マリーゴールドの草木染めのやり方 身近な植物で楽しく染め物☆

マリーゴールドの草木染めのやり方 身近な植物で楽しく染め物☆

鮮やかなオレンジや黄色の花がかわいいマリーゴールド。我が家でも今年から栽培を始めたのですが、たくさんの花が咲いてくれました^^

これ、草木染めにしたらきっと素敵だろうなぁ…なんて思ったので、さっそく挑戦してみましたよ!

マリーゴールドを使った草木染めの方法は、調べるとたくさんのやり方が出てくるんですが、小学校の自由研究的な感じで(笑)自宅の台所で手軽にできる方法をご紹介します。

スポンサーリンク

草木染めに必要なもの。

マリーゴールドの草木染めのやり方 身近な植物で楽しく染め物☆

  • 大きめの鍋
  • マリーゴールドの花びら
  • 焼きミョウバン (スーパーの調味料とか漬物コーナーにあります)
  • 牛乳 (豆乳でも可)

必要なものが用意できたら、染めるものの素材を確認していきましょう。

染め物をする時に染まりやすい素材は、絹や羊毛(ウール)などタンパク質が含まれた動物性の繊維です。

逆に綿や麻(リネン)など植物性の素材は、タンパク質が含まれていない繊維で染まりにくいため、牛乳などに浸けてタンパク質を含ませる処理をしてから染めていきます。

ポリエステルやアクリルなどの化学繊維は、ほとんどと言っていいほど染まりません。

ちなみに綿と化学繊維の混紡素材を染めると、綿の部分だけ染まるので霜降りのような感じになります。

マリーゴールドは咲いている花を摘んでもいいのですが、きれいに咲いているのに摘んでしまうのはかわいそうなので、しおれた花を使って染めていきます。

マリーゴールドの草木染めのやり方 身近な植物で楽しく染め物☆

「でもそれじゃ量が足りない!」

そんな時はしおれた花をジップロックに詰めて、冷凍庫で凍らせておけば色も退色せず、ある程度の量がたまるまで保存することができます。

花びらだけを冷凍するのは手間がかかるので、ガクの部分から摘み取って丸ごと凍らせてしまいましょう。

今回は90㎝×90㎝の大きな綿のガーゼを使って、マリーゴールド染めをしていきます。

染め方の手順。

マリーゴールドの草木染めのやり方 身近な植物で楽しく染め物☆

① はじめに染めるものを洗濯して糊や汚れを落とし、水で2倍に薄めた牛乳へ30分程浸けこんで、マリーゴールドの色素がよく染み込むよう下処理をします。

30分たったら水ですすがず、そのまま牛乳水がポタポタ垂れない程度まで手で絞ります。

洗濯機の脱水を使うと洗濯槽が牛乳くさくなるので、手で絞るのがポイントです。

※ウールや絹を染める場合は洗濯して汚れを落とすだけでOK。牛乳水へ浸ける処理はせず、②の工程へうつってください。

マリーゴールドの草木染めのやり方 身近な植物で楽しく染め物☆

② マリーゴールドから染め液を作ります。

染めるものがゆったり泳ぐ大きさの鍋いっぱいに水を入れ、排水溝の生ゴミネットに凍らせておいたマリーゴールドの花をぱんぱんに詰めて口を縛って投入します。

そのまま強火でぐつぐつ煮出していきましょう。

水は煮出していくうちに少し減るので、気持ち多めにすると良いです。

花びらが生ゴミネットを突き抜けて鍋の中で散らばるのを防ぐため、ネットは二重にしてみました。

使うマリーゴールドの量にもよりますが、お湯が濃いレモンティーのような色に変わってくるまで、しっかり煮出していきましょう。

マリーゴールドの草木染めのやり方 身近な植物で楽しく染め物☆

③ 染め液ができたら弱火にして花びらを取り出し、先ほど絞っておいたガーゼを投入します。

弱火にしたまま火を止めず、20分程煮てマリーゴールドの色に染めていきます。

少し手間はかかりますが、絶えず菜箸でかき混ぜながら煮るとムラにならずきれいに染まりますので頑張って!

20分たったら火を止めて、あら熱がとれるまでしばらく置きます。この時、染め液は捨てずに取っておいてください。

マリーゴールドの草木染めのやり方 身近な植物で楽しく染め物☆

④ 染めたものを冷ましている間に、焼きミョウバンを使って媒染液(ばいせんえき)を作ります。

ただ染めただけでは布地に色素が定着しないため、洗ったり日光に当てたりすればすぐに色落ちしてしまいます。

そこで布地に色素を定着させて、色落ちを防ぐ役割を果たすのが媒染液です。

先ほど染め液を作った時と同じぐらいの水を強火で沸かし、布の重さに対して4~6%の焼きミョウバンを計って煮溶かします。

布の重さは料理用のはかりでだいたいの重さが計れればOK。小数点以下は四捨五入しちゃいましょう。

「布の重さに対して4~6%ってどう計算すれば…?」

と、迷ったらこちらのサイトにあるパーセンテージ計算〔1〕ある数のx%は?というページで自動計算できるので参考になさってください。

ミョウバンの量も小数点以下は四捨五入で、ざっくり入れれば大丈夫です(笑)

白っぽく濁っていたミョウバンが、溶けて透明になれば媒染液のできあがりです。

マリーゴールドの草木染めのやり方 身近な植物で楽しく染め物☆

⑤ 火を弱火まで落とし、冷ましておいた染め液から中身を取り出して軽く絞ったら、媒染液の中で20分程煮ていきます。

染め液の中ではナチュラルな黄色だったガーゼが、媒染液に入れた瞬間パッと鮮やかな黄色に変わるのが不思議~!

20分たったら媒染液から取り出し染まり具合を確認します。

色ムラがあったり、もっと濃く染めたいな、という場合は捨てずに取っておいた染め液で染め直しします。

染める→媒染液に浸ける…の工程をくり返して、お好みの色合いになるまで染めてください。

⑥ お好みの色合いになったら媒染液から取り出し、色が出てこなくなるまですすぎます。おしゃれ着用の洗剤で軽く洗ってもいいですよ。

すすぎ終わったら洗濯機で脱水して、普通の洗濯物のように干して乾かせばできあがりです。

スポンサーリンク

完成!

マリーゴールドの草木染めのやり方 身近な植物で楽しく染め物☆

染めたガーゼは四角いガーゼストールにしてみました。

マリーゴールドの黄色い色素は一度染めただけでもきれいに発色するので、家庭の台所でも染めやすいのがありがたいところです。

私もこちらのガーゼは一度しか染めていませんが、いい感じに発色してくれて大満足。

パッと明るいけど優しい色合いが素敵なマリーゴールド染め、来年はTシャツとかハンカチとか染めても楽しそうだな~、なんて今からわくわくしております^^

写真のガーゼストールの作り方もありますので、あわせて読んでいただけると嬉しいです。

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする