夏の車中泊の暑さ対策。エアコンを使わない方法やグッズはある?

夏の車中泊の暑さ対策。エアコンを使わない方法やグッズはある?

お金をかけない旅行の方法として最近では車中泊が人気ですが、これからの季節に車中泊を考えていらっしゃる場合いちばん気になることといえば、寝るときの暑さ対策ではないでしょうか?

そこで今回は、夏の車中泊での暑さ対策について、実際に私が夏場の車中泊で感じた個人的な考えをまとめてみました。

夏休みに車中泊を考えていらっしゃる方の参考になればうれしいです。

スポンサーリンク

夏の車中泊での暑さ対策について個人的な感想。

夏の車中泊での暑さ対策について結論から申し上げますと、標高の高いところ以外で車中泊しないというのが正直な感想です。

平地の観光地ではどんな暑さ対策をしても暑くてどうにもならないのが夏の車中泊の現状だと思います。

エアコンをつけっぱなしにすればやれないことはないと思いますが、ガソリンを食って節約のための車中泊の意味がないですし、エンジンをかけっぱなしでバッテリーがあがる心配もあります。

なによりエンジンをかけっぱなしなのは騒音で地元住民から苦情が出る原因にもなり、マナー面でも問題があります。

それならユースホステルや、素泊まりの安い宿を探した方がよっぽど経済的ですし快適だと思います。

私自身、車中泊での旅行が好きなので暑さ対策として充電式の扇風機や車用の冷感ジェルマットなどを用意して、夏の車中泊を試みた経験がありますが、どれも暑さ解消に役立ちませんでした。

充電式の扇風機の風って熱風でちっとも涼しくないんですよね。ジェルマットは車内であたたまってしまうので、余計に寝苦しくなるだけです。

どうしても夏に車中泊をしたいと考えるなら、避暑地に選ばれるような標高の高い場所を選ぶなら何とか車中泊も可能です。

標高は100メートル高くなるごとに0.65度低くなるといわれていますので、夏に車中泊をしてみたいという方は、標高の高い場所を選び「涼しい場所で寝る」という考えで旅行先を決めましょう。

夏の車中泊でエアコンを使わない方法は涼しい観光地を選ぶこと。

個人的な目安として、標高500メートル以上の場所なら放射冷却の影響で夜ならわりと涼しく、エアコンをつけなくても寝られるかなと感じています(それでも日中は暑いという場所が多いです)

実際に私が夏に車中泊をして「エアコンをかけなくても寝られた」という観光地を2か所紹介したいと思います。

まずは草津温泉のある群馬県です。道の駅草津運動茶屋公園という道の駅が有名ですが、こちらはマナーの悪い観光客のせいで現在24時間駐車できる駐車場は第一駐車場のみとなっていて、大変混雑するため週末や連休中は駐車できない可能性があります。

そこで私は草津温泉からはちょっと離れますが、同じ吾妻郡にある六合(「くに」と読みます)という道の駅を利用しています。

道の駅六合は標高が800メートル前後の場所にあるので8月に行った時でも外気温が24度ぐらいでしたのでエアコンをつけなくても寝ることができました。

草津温泉から車で15分前後で到着しますし、連休中でも夜間なら混雑せず駐車できます。草津温泉で観光がてら温泉を利用すればお風呂にも入れますし、道の駅六合にも20時まで利用できる広徳温泉という施設があります。

もう一つは山梨県にある道の駅南きよさとです。こちらも標高が800メートルちょっとあるので夜は比較的涼しい場所です。

清里高原や八ヶ岳などの観光ついでに気軽に立ち寄ることができて、こちらも夜間なら混雑することもなく駐車できる車中泊しやすい道の駅になります。

こちらに温泉施設は併用されていないので、清里高原で日帰り入浴施設を利用するとよいです。

清里高原は八ヶ岳のふもとにあるリゾート地なので温泉施設も結構あり、ハイキング以外にもいろいろ楽しめます。

スポンサーリンク

車中泊のグッズで暑さ対策として便利なもの

標高の高い場所を選べば夜間はエアコンを使わなくていいとお伝えしましたが、完全に窓を閉め切っていればやっぱり車内の温度は上がりますので汗ばんできます。

そんな時は窓を開けるのが効果的ですが、防犯上の理由から全開にするのは避けた方がいいので、外から手を入れられないぐらいの幅で窓を開けるのがポイントです。

窓を開けると夏場は蚊やコバエなどの虫が入ってきますので、お持ちの車に合わせた窓に取り付ける虫よけネットがあると重宝します。

色は白い物より黒い物の方が車内の様子が見えづらいです。

そのほかに虫よけスプレーを腕や足などにつけておき、虫よけ効果のある薄いブランケットをかけて寝るのも虫刺され予防には役立ちますので、用意しておくと便利ですよ。

さいごに

ここまで車中泊の暑さ対策について紹介してきましたが、ホントに標高の高い場所以外での車中泊はやめた方がいいのひとことに尽きます。

また、今回紹介した観光地も、人によっては「やっぱり暑い!」と感じる場合もありますので、あくまで個人の意見として参考にしていただけたらと思います。

車中泊は宿代を節約できる旅行の手段として人気ですが、一方でエンジンをかけっぱなしにすることによる地元住民の苦情や、道の駅で遅くまで騒ぐ人がいたりとマナー面での問題も目立つようになりました。

地元の方やSAで迷惑をかけないためにこちらの車中泊のマナーについても一読されることをおすすめします。

ひとりひとりが気をつけ、気持ちよく車中泊での旅を楽しみましょう!さいごまで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする