Tシャツヤーンの手編みラグマットの作り方 編み方の写真付き♡

Tシャツヤーンの手編みラグマットの作り方 編み方の写真付き♡

着古したTシャツや布団カバーを、Tシャツヤーンにリメイクしてかぎ針編みのラグマットを作ってみました。

大きなかぎ針で細編みするだけなので、編み物初心者さんでもザクザク簡単に編めますよ。もちろん市販のTシャツヤーンで作ってもOKです。

今日は手作り玄関マットやキッチンマットなどいろいろ使える、手編みラグマットの作り方を書いていきますね!

スポンサーリンク

 材料と使う道具はこちら。

  • Tシャツヤーン 3色
  • かぎ針(10㎜のジャンボサイズを使用)
  • とじ針

今回編むラグマットはできあがりのサイズが約36×68㎝の大きさになります。

編み物は人によって編み目のきつさや手加減が違うので、多少大きかったり小さかったりで、上記した寸法どおりにならなくてもあまり気にしなくてOK!

ご自身のゲージでアバウトに編んでいきましょう(笑)

目安として市販のTシャツヤーンを使って編む場合、ズパゲッティなら120mのサイズが1玉と、25mのベビーサイズを2玉も用意すればじゅうぶん足ります。

いらない服や布から編む場合は、古着や布からTシャツヤーンを作る方法を書きましたので、参考にしてくださいね。

Tシャツヤーンの手編みラグマットの作り方 編み方の写真付き♡

とじ針というのは糸の始末をしたり、編み目をはぎ合わせたりする時に使う毛糸用の針みたいなものです。手芸店や100均で売っています。

作り方の手順

それでは作っていきましょう。写真だけだとわかりにくい部分には、詳しい編み方の参考動画もありますので一緒に見ながら編んでみてくださいね!

Tシャツヤーンの手編みラグマットの作り方 編み方の写真付き♡

① 最初にくさり編みで作り目を44目編みます。作り目というのは、編み目のもとになる目のことをいいます。

Tシャツヤーンの手編みラグマットの作り方 編み方の写真付き♡

② 作り目が編めたら、そのまま細編みで3段編んでください。

細編みのやり方は写真で見るよりも、動画のほうがわかりやすいので、こちらの参考動画を見ながら編んでみましょう↑

作り目の編み方から解説しているので、編み目の拾い方やかぎ針の動かし方がすんなりと理解できますよ^^

☆ 目と段って何?

編み物をしているとよく出てくる、目と段についてちょこっと解説しますね。

目というのはかぎ針を1回動かして編んだ模様のような部分をいい、段というのは目のつながった端から端までの部分をいいます。

文章だと難しく感じますが、上の写真のように「目がつながっていくと段になるんだな~」ぐらいに、簡単に考えていただければ大丈夫です。

Tシャツヤーンの手編みラグマットの作り方 編み方の写真付き♡

③ 作り目~3段目まで編んだら、今度は糸の色を変えて2段編みます。これではじっこの模様になっている2色の部分が片方編めました♪

糸の色を変える方法はこちらの動画を見ながらやってみましょう↑

Tシャツヤーンの手編みラグマットの作り方 編み方の写真付き♡

糸の色を変えたり、途中で足りなくなってつぎ足す場合は、編み終わったあとで処理をするので、糸のはじっこを10cmほど残しておきましょう。

Tシャツヤーンの手編みラグマットの作り方 編み方の写真付き♡

④ ラグマットのまんなかを編んでいきます。糸の色を変えて細編みで25段編んで下さい。

編む段数が少し多いので、1段編むごとにどこまで編んだかメモを取っていくと、何段目まで編んだか忘れずに済みます。

…とはいえ少しぐらい段数が増えたり減ったりしても、できあがりの大きさは大幅に変わらないので、そこまで気にせず大雑把に編んでしまいましょう!(笑)

Tシャツヤーンの手編みラグマットの作り方 編み方の写真付き♡

⑤ まんなかの部分を編み終わったら、もう片方の模様部分を編みます。

段の数が2段(黒い編み目のところ)と3段(ベージュの編み目のところ)で、最初に編んだ模様の部分と同じ段数になるよう編んでくださいね。

Tシャツヤーンの手編みラグマットの作り方 編み方の写真付き♡

⑥ 編み終わり部分の糸を、ほどけないように処理をしていきます。

編み糸を5㎝ほど残してカットしたら、編み目のわっかになっている部分を引っぱって、編地から糸のはじっこを出してください。

Tシャツヤーンの手編みラグマットの作り方 編み方の写真付き♡

更にそのままギュッと引っぱり結びます。

Tシャツヤーンの手編みラグマットの作り方 編み方の写真付き♡

とじ針に糸のはじっこを通します。

Tシャツヤーンの手編みラグマットの作り方 編み方の写真付き♡

脇の編み目に2~3㎝ほどくぐらせ、糸を編み目の中に隠します。

余った部分は編み目のキワでカットします。これで編み終わり部分の処理ができました。

Tシャツヤーンの手編みラグマットの作り方 編み方の写真付き♡

編み始めと色を変えた部分も、脇の編み目に糸のはじっこをくぐらせて隠せばOKです。

糸の始末はこちらの動画で紹介されている、編地の裏に隠す方法や糸をからげる方法、という仕方で処理してもOKですよ。

途中で編み糸をつぎ足した部分があれば、まわりの編み目に糸をくぐらせて隠してしまいましょう。

Tシャツヤーンの手編みラグマットの作り方 編み方の写真付き♡

⑦ 仕上げにマットの両端へフリンジをつけます。Tシャツヤーンを20cmぐらいの長さに切り、半分に折ります。

Tシャツヤーンの手編みラグマットの作り方 編み方の写真付き♡

編み目にかぎ針を通したら、半分に折ったTシャツヤーンを引っ掛け、かぎ針を引き抜きます。

Tシャツヤーンの手編みラグマットの作り方 編み方の写真付き♡

かぎ針を引き抜くと小さなわっかが出来ますので、わっかの中へ糸端を2本まとめてくぐらせ、ギュッと引っ張ればフリンジになります。

この作業をくり返して、マットの端までフリンジをつけていきましょう。

Tシャツヤーンの手編みラグマットの作り方 編み方の写真付き♡

そのままだと長さがバラバラなので、同じ長さにそろえてカットします。きっちり長さを測らなくても、だいたい同じ長さになれば大丈夫です。

Tシャツヤーンの手編みラグマットの作り方 編み方の写真付き♡

反対側も同じようにフリンジをつけたらできあがりです。

スポンサーリンク

完成!

Tシャツヤーンの手編みラグマットの作り方 編み方の写真付き♡

さっそく階段とトイレ前のスペースに敷いてみました。大きさや色合もいい感じです♡

Tシャツヤーンはしっかり太さのある編み糸なので、ずっしり安定感のあるラグマットが編み上がりますよ。

綿素材なので、優しい肌触りで足裏が気持ちいいところもお気に入りです^^

ラグマットは毎日足でふんずけるものだから結構汚れますが、洗濯機でジャブジャブ洗えるのでお手入れが簡単なところもイイですね(笑)

細編みをくりかえすだけでかわいく仕上がるので、かぎ針編みの練習として少し大きなものを編むのにもぴったりですよ。

糸の色の組み合わせで雰囲気がいろいろ変わるので、お好みの色を組み合わせてぜひ手作りしてみてください!

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

☆余った糸で鍋敷きを編んでみました。おそろいのキッチン雑貨におひとついかが?←New!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする