フード付きタオルの作り方 大人用 簡単ミシンなしで作る方法!

フード付きタオルの作り方 大人用 簡単ミシンなしで作る方法!

夏のアウトドア以外にも温泉やジム、コンサートやフェス、日よけなどなど…ひとつ持っていれば何かと出番が多いフード付きバスタオルを、ミシンを使わず手縫いで作ってみました。

手縫いといっても、縫うところは一か所だけなので簡単に手作りできますよ^^

作り方を書いていきますので、フード付きバスタオルを手作りしたい方は、ぜひチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

材料はこちら。

フード付きタオルの作り方 大人用 簡単ミシンなしで作る方法!

  • バスタオル
  • フェイスタオル
  • ワンタッチプラスナップ

バスタオルとフェイスタオルは1枚ずつあればOK!大きさも適当で大丈夫です。あえて色や柄の違うタオルで作っても、かわいく仕上がるので心配なしです(笑)

ワンタッチプラスナップは、打ち具やハンディプレスといった道具がなくても、手でパチンとはめ込むだけで取り付けできる便利なスナップボタンです。

手芸屋さんのボタンやテープなどの副資材コーナーに売っていることが多いですが、お店によって並んでいる場所が違うので、見つからない時はお店の方に聞いてみてください。

プラスチックでできたスナップなので、プールや海、お風呂の時に使っても錆びなくて安心です。一袋に6組入っているので、二袋ほど用意しておきましょう。

作り方の手順。

フード付きタオルの作り方 大人用 簡単ミシンなしで作る方法!

① はじめにフードを作っていきます。フェイスタオルを表が内側になるよう半分に折り、はじっこの部分を1㎝の縫い代で縫い合わせます(←写真の黒い線がついているところ)

ぞうきんを手縫いするように、1㎝ぐらいの大きな縫い目でなみ縫いしていきます。

少しぐらい縫い目がそろわなくても、タオルのパイルに隠れてわからなくなるので、アバウトに縫っていきましょう!

なみ縫いのやり方がわからない場合は、こちらの動画を見ながら縫ってみてください。もちろん、ミシンをお持ちならミシンで縫ってもOKです

縫い終わったら表にひっくり返せばフードのできあがり。縫うところはこれでおしまいです♪

フード付きタオルの作り方 大人用 簡単ミシンなしで作る方法!

② バスタオルとフードの中心を合わせ、スナップボタンを写真の赤い〇がついている部分に取りつけていきます。

スナップボタンの数が少ないと、引っぱった時にバスタオルから外れやすくなるので、フードの両端から等間隔で8~10コぐらいつけていきます。

フードの中心は縫い代が重なっていてスナップがはめ込みにくいので、なるべく縫い代をよけた部分につけましょう(←詳しくは下のプラスナップの使い方を参照)

☆ワンタッチプラスナップの使い方☆

フード付きタオルの作り方 大人用 簡単ミシンなしで作る方法!

ワンタッチプラスナップは布に穴をあけてヘッドをさしこみ、ゲンコをはめ込んで使うのですが、使い方は以下の手順を参考にしてくださいね↓

フード付きタオルの作り方 大人用 簡単ミシンなしで作る方法!

まずはプラスナップをつけたい場所に、目打ちでグリグリっと穴をあけます。

穴が小さいとヘッドの爪が貫通しないため、目打ちの三分の一ぐらいをねじこんで、大きめの穴をあけてください。

フード付きタオルの作り方 大人用 簡単ミシンなしで作る方法!

穴にヘッドの爪をさしこみます。タオルが厚いと爪が見えにくい場合もありますが、タオルを圧縮して爪の先端が2㎜ほど出ていれば大丈夫です。

フード付きタオルの作り方 大人用 簡単ミシンなしで作る方法!

ヘッドの爪にゲンコをかぶせて、パチッと音がするまでしっかりはめ込みます。

フード付きタオルの作り方 大人用 簡単ミシンなしで作る方法!

取りつけ完了!こちらの写真は裏から見たところです。

フード付きタオルの作り方 大人用 簡単ミシンなしで作る方法!

表から見るとこんな感じです。

フード付きタオルの作り方 大人用 簡単ミシンなしで作る方法!

フードの中心は縫い代が重なり厚みがあるため、手だとヘッドとゲンコが固くてはめ込みにくいので、キズがつかないよういらない布をあてて、ペンチを使ってはめ込んでいきます。

しかしこの方法でも、かなり力を入れないとはまらないんですよね…orz

タオルを圧縮してもヘッドの爪が貫通しにくいという理由もあるため、これを読んでいるあなたは、フードの中心にはスナップをつけないほうが無難ですぞ(笑)

フード付きタオルの作り方 大人用 簡単ミシンなしで作る方法!

スナップボタンは凸と凹の形で一組になっているので、向きが同じになるよう取りつけていきます。

途中でスナップの向きが逆になると見た目がカッコ悪くなるので、写真のようにフードの内側に凸、タオルの表側に凹の形が並ぶよう、気をつけながら取りつけましょう。

フード付きタオルの作り方 大人用 簡単ミシンなしで作る方法!

③ 仕上げにバスタオルの端へ、前をとめるためのスナップボタンを取りつけます(←写真の赤い〇がついているところ)

私はひとつだけにしましたが、お好みで数を増やしてもOKです。バスタオルとフードを、先ほど取り付けたスナップボタンでとめればできあがり~!

スポンサーリンク

完成♪

フード付きタオルの作り方 大人用 簡単ミシンなしで作る方法!

うしろから撮ってみました♡大きめのフェイスタオルを使ったので、頭がすっぽり隠れる大きめフードがいい感じの仕上がりになりました。

フード付きタオルの作り方 大人用 簡単ミシンなしで作る方法!

横から見るとこんな感じです。バスタオルも大きいサイズで作ると腰ぐらいの丈になるので、タオルポンチョとしても使えそうです。

タオルの大きさをそのままいかして作るので、長さをはかって切ったり縫ったりするのは面倒でイヤ、という方でも作りやすいですよ^^

お好みのタオルを使って、オリジナルのフード付きタオルを手作りしてくださいね!今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする