袱紗の作り方 結婚式にオススメ ハギレを使った手作りレシピ。

家にあったハギレを使ってお祝用のふくさを作ってみました。

四角い布をまっすぐ縫えばできあがる簡単な作り方を書いていきますので、ふくさを手作りしてみたい方の参考になればうれしいです。

スポンサーリンク

 袱紗の作り方 型紙の製図と生地の裁断方法。

袱紗の作り方 結婚式にオススメ ハギレを使った手作りレシピ。

まずは型紙を作って生地を裁断していきます。

上の写真に書いてある寸法を参考に、適当な紙で型紙を作ります。1㎝の縫い代が含まれていますので、書いている寸法どおりに型紙を切っていただいて大丈夫です。

お裁縫に慣れている方は型紙を作らず、生地に寸法を書いて直裁ちでもOKです。

袱紗の作り方 結婚式にオススメ ハギレを使った手作りレシピ。

できあがった型紙を使って、表布と裏布を裁断します。生地のはじっこはほつれないよう、ほつれ止めのジグザグミシンをかけておいてください。

私は表布に薄手のコットンプリント、裏布にはサテンを使って作ってみました。

ある程度厚みのある生地で作ったほうが、ご祝儀袋を入れた時に折れにくくしっかりするので、薄手~普通の厚さの生地を使う場合は表布の裏に接着芯を貼ってから作るといいですよ~!

作り方の手順。

袱紗の作り方 結婚式にオススメ ハギレを使った手作りレシピ。
① まずは表布と裏布を表どおしが内側になるようぴったり重ね(←中表と呼びます)ずれないように待ち針でとめます。

待ち針でとめたら1cmの縫い代でぐるっと一周、表布と裏布を縫い合わせます(←写真の黒い線の部分)

この時、表にひっくり返すための穴を5cmほど縫い残しておいて下さい。

② 表布と裏布を縫い合わせたら、先ほど縫い残した穴から表にひっくり返し、全体的にアイロンをかけて形を整えておきます。

ひっくり返した穴を縫い合わせ、端から0.2cmのところをミシンで縫ってください(←写真の赤い線がついている部分)

縫い終わったら裏布側へ6cmの幅に折って待ち針でとめ、アイロンで折り目をつけておきます。ここがご祝儀やお祝い袋を入れる部分になりますよ♪

袱紗の作り方 結婚式にオススメ ハギレを使った手作りレシピ。

表にひっくり返す時に、カドの部分はこんな感じでアイロンで縫い代に折り目をつけてからひっくり返すと…

袱紗の作り方 結婚式にオススメ ハギレを使った手作りレシピ。

ピシっときれいに仕上がるので、ぜひお試しくださいね!(笑)

ひっくり返した穴を縫い合わせる時は、コの字とじという方法(←はしごまつり、とも呼びます)で手縫いすると表側から縫い目が目立たず、きれいに仕上がりますよ♪

③ 写真を参考に左下の黒い〇がついている部分から、右下のオレンジの〇がついている部分まで、矢印の方向にしたがって赤い線のところを0.2㎝の幅でぐるっと縫います。

ご祝儀やお祝い袋を入れるところは少し力のかかる部分なので、2~3回返し縫いをすると丈夫になります。

④ 飾りのリボンを作ります。写真を撮り忘れてしまったので、実際に使ったリボンとは別のリボンで作り方を紹介していきますね^^;

1~2㎝ぐらいの幅のリボンを10㎝の長さにカットして、はじっこがほつれないようにほつれ止め液や布用ボンドを軽く塗って、乾くまでしばらく待ちます。

ほつれ止めが乾いたらまんなかを5㎜ずつ重ねてください。

重ねたところをリボンの形になるようにつまんで、グルグルっと糸で巻いてからほどけないように結びます。

⑤ まんなかを縛った糸のあまりにパールビーズを3~4粒通します。

パールを通したら取れないよう針でリボンの裏へ軽く縫いとめ、玉止めをしたら余分な糸を切ります。

飾りリボンのできあがりです!

⑥ ふくさを半分に折りアイロンで折り目をつけてください。これでフタの部分ができました。

仕上げにフタのまんなかへ、先ほど作ったリボンを縫いつけたらできあがりです!縫うのが面倒な場合は、布用ボンドで貼ってもいいですよ。

スポンサーリンク

布地を変えてアレンジしてもOK!

今回作ったふくさはシンプルな形なので、布地やリボンモチーフを変えて作ってもかわいいです♡

こちらは結婚式の引き出物に入っていたかつぶしを包んであった風呂敷に、つまみ細工プレートで作ったお花をつけてみました(笑)

袱紗の作り方 結婚式にオススメ ハギレを使った手作りレシピ。

半分だけ赤い2色の風呂敷だったので、裏から赤い部分が見えるようにしてみました。

ポケットにご祝儀やお祝い袋を入れるタイプのふくさなので、一枚布で包むタイプのふくさのように途中でほどけたりしなくてラクちんですよ^^

結婚式やお祝いなどの席向けに華やかな柄布で作りましたが、紫やモスグリーンなどのシックな無地で、飾りリボンをなくしたり黒で作ればお悔み用のふくさにもなります。

ご自身の用途に合わせてアレンジしながら、ぜひ作ってみてくださいね。今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする