浴衣でリメイクするスカート 型紙いらず直線縫いでの作り方☆

先日ステテコにリメイクした浴衣の布がまだまだ余っていたので、おそろいでスカートも作ってみました。

浴衣リメイクのスカートは型紙を作らなくても、まっすぐ布をはぎ合わせて縫えばできあがるので、初めて浴衣のリフォームにチャレンジする方にも作りやすいですよ。

今日は浴衣をリメイクしたスカートの簡単な作り方を書いていきます。

スポンサーリンク

 縫う前の下準備 裁断の方法。

まずは生地を裁断していきましょう。上の写真を参考にほどいた浴衣を縫い合わせて四角い生地を作ります。スカート本体の生地が2枚、ベルトになる生地を2枚用意してください。

  • 縦の長さ(A)作りたいスカートの丈+4㎝
  • 横の長さ(B)90㎝~120㎝
  • ウエストベルト(C)縦10㎝×横Bの長さ

今回作るスカートは1㎝の縫い代が含まれていますので、書いてある寸法通りに裁断していただいて大丈夫です。サイズもフリーサイズになります。

スカートの本体は浴衣の前身頃や後身頃、ベルトはおくみや襟を利用すると、無駄な生地が出にくくなります。

Bの長さはスッキリした見た目のスカートにしたい場合は2枚、ボリュームのあるスカートにしたい場合は3枚ぐらいを目安にはぎ合わせるといい感じになります^^

リメイクする浴衣のサイズによって生地の幅がまちまちなので、きっちり90~120cmの長さにならなくても全然大丈夫、もともとの生地幅をいかしてアバウトに作りましょう(笑)

浴衣をはぎ合わせる時は1㎝の縫い代で縫ってください。はぎ終わったらアイロンをかけて、縫い代を左右に開いておきます(←縫い代を割る、と呼んでいます)

浴衣はもともと反物(たんもの)と呼ばれる長い織物から作られていて、生地のはしがほつれないようできているのですが、最近は普通の洋服用の生地で作られている浴衣も多いです。

洋服用の生地から作られた浴衣は布端がほつれてくるので、上の写真のように生地のはじっこにほつれ止めのジグザグミシンをかけてからはぎ合わせるといいですよ。

作り方の手順。

① はじめにスカートの本体を縫っていきます。布の表どおしが内側になるよう2枚重ねて下さい。このことを中表(なかおもて)と呼びます。

中表に重ねた2枚の布の脇を1㎝の縫い代で縫います。片方縫い終わったら同じようにもう片方の脇も縫って、縫い代をアイロンで割ります。

脇の縫い代をアイロンで割ったら、下の部分を1㎝の幅で折り上げアイロンで折り目をつけて下さい。この部分がスカートの裾になります。

② 下の部分を1㎝折ったら、今度は2㎝の幅でアイロンをかけて三つ折りにします。折り目の部分から0.2㎝のところをミシンで1周縫ってください。裾の部分ができあがりました!

③ ベルトの両端を1cmの縫い代で縫って輪にします。輪にしたベルトを1cmの縫い代でスカート本体に縫い付けてください。

④ ゴムを通す部分を縫っていきます。ベルトの上を1cmの幅で内側へ折り、アイロンをかけて折り目をつけます。

折り目をつけたら半分に折り、下から0.2cmの部分を1周縫います(写真の黒い線がついているところ)

次に上から0.2cmの部分を1周縫って下さい(写真の赤い線がついているところ)

最後に2本の縫い目のまんなかを1周縫います(写真の白い線がついているところ)

ゴムを通してギャザーを寄せると縫い目はくしゃくしゃになるので、少しぐらいガタガタになっても気にせず縫っていきましょう!

この時いちばん下とのまんなかの縫い目は、ゴムを通す時のために2~3cm縫い残しておいてください。

全部縫ってしまうと、ゴムが入らなくなってしまうので注意しましょう^^;

⑤ 仕上げにゴムを2本通します。ゴムのはじっこをクリップや洗濯ばさみで止めておくと、ベルトの中に入り込まないので通しやすくなります。

ゴム通しが2本ある場合は、2本まとめてゴムを通すとラクですよ。

ゴムは通しているうちに多少伸びるので、ご自身のウエストからマイナス10㎝の長さにカットして、スカートに通しながらお好みのきつさに調整してつないでください。

ゴムのはじっこは普通に結んでつなぐと、お腹にあたって異物感がありますので1cm重ねて手縫いでつなぐようにします。

ベルトの中に隠れてしまうので、縫い目が曲がったりしても気にしなくて大丈夫!ベルトを軽く伸ばしてギャザーを全体的になじませたらできあがりです。


スポンサーリンク

完成!

今回私がリメイクした浴衣は寝巻用でやや硬めの布地なので、パリッとした感じに仕上がりました。

浴衣の生地はサラッとして涼しいので、前回作ったステテコと一緒に夏のルームウェアとして活躍していただきます(笑)

リメイクする浴衣の柄や素材、丈を変えると同じ作り方でも雰囲気が全然変わりますので、お好みで何枚か作ってみると楽しいですよ^^

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする