成田山新勝寺の駐車場 安い料金で停められるおすすめならココ!

千葉県にある成田山新勝寺は、「成田のお不動さま」として古くから親しまれ、四季を通じて多くの参拝客が訪れるお寺です。

車でお参りに来られる方もたくさんいらっしゃるので、成田不動のまわりにはたくさんの駐車場があります。

その中でも駐車料金が安くて、私も成田山へ車で参拝する時にいつも利用している駐車場を紹介したいと思います^^

スポンサーリンク

成田山へ車で来た時に安くて便利な駐車場。

私が成田山の観光へ車で行く時に毎回利用している駐車場は、成田市営 東和田駐車場というところです。

東和田駐車場は国道51号線沿い、成田橋近くにある駐車場です。

  • 住所 千葉県成田市東和田396-3
  • 時間 24時間
  • 台数 530台
  • 料金 普通車 1回400円、大型車 1回1000円

カーナビで上記の住所を打ち込めば、ほぼ100%見つかりますのでスムーズに到着できます(笑)

成田橋を渡った交差点に、東和田駐車場入り口という標識もありますのでわかりやすいですよ。

成田山付近の駐車場の料金は700円~800円というところが多いのですが、東和田駐車場は一日駐車しても最大料金400円と、とにかく安いのがうれしいポイントです。

新勝寺までの距離は1㎞なので、ほかの駐車場にくらべるとやや離れた場所にあるため歩くと15分ほどかかりますが、整備された道を歩いて行くので歩きやすいですよ。

移動時間は少ないほうがいいな…という方へあまりオススメではありませんが、多少歩いてもいいから駐車料金は節約したい!という方にはピッタリの駐車場です。

また、二輪車用の駐車スペースもあるため、バイクで成田山へ観光に来られた方にも利用していただけます。

バイクの駐車料金は100円で、こちらも一日駐車しての最大料金となっています。

 東和田駐車場の個人的お気に入りポイント。

東和田駐車場は駐車料金が安い以外に、土日祝日、初詣や豆まきなど混雑するイベント時でも比較的スムーズに駐車できるのが、もう一つのお気に入りポイントです。

上の写真は平日に撮影したものですが、お昼近くでもガラガラです(笑)

さすがに土日はここまで空いていませんが、午前、午後、お昼時でも結構余裕で停められます。

さすがにイベント時は満車近くまで車が埋まりますが、車と車の間がちょこちょこ空車になっているので、入庫待ちになったことはありませんよ。

東和田駐車場から成田山までの行き方。

駐車場のトイレの横に成田山までの道のりが書かれた看板があります。大まかな地図なので目印になる建物や看板を紹介しながら、徒歩でのルートをまとめてみました。

よろしければ参考になさってください^^

① はじめに駐車場のトイレの横にある、小さなトンネルをくぐります。消えかけてますが、成田山と書かれていますのですぐにわかりますよ(←写真の黒いマルがついている部分)

② トンネルを抜けると目の前に川が流れているので、そのまま左へ道なりに歩いていくと写真のように成田橋の上に出られます。

橋の上に出たらまっすぐ進みましょう。

③ 成田橋をしばらく直進していくと、成田山入口という交差点にたどり着きます。

左手のイオンタウンが目印です♪

交差点のところに成田山と書かれた大きな看板があるので、「入口」の矢印にしたがって右に進みます。

④ 先ほどの看板を右に曲がると緩やかな坂道になっていますが、きれいに整備された道なので疲れませんよ。

しばらく登っていくと成田山交通安全自動車祈祷殿の入口が見えてきます。

自動車祈祷殿の横には弘恵会東町第二駐車場がありますので、そのまま道なりに直進します。

成田山新勝寺の駐車場 安い料金で停められるおすすめならココ!

⑤ 自動車祈祷殿と弘恵会東町第二駐車場を通り過ぎ3分程歩くと、佐原信用金庫と再び「成田山」と書かれた看板が出てきます。

看板の案内に従い、200m直進していきます!

看板の先には門前駐車場と…

弘恵会田町駐車場が見えてきます。成田山の入口から数百mしか離れていない駐車場なので、平日でも結構混雑しています。

駐車料金はどちらも800円なので、東和田駐車場とくらべ倍の料金になりますが、いろいろな事情で歩く距離はなるべく少ないほうがいい、という場合には便利な駐車場ですよ。

⑥ 門前駐車場と弘恵会田町駐車場のすぐ隣は成田山の参道なので、いろいろなお店がたくさん並んでいます。奥に成田山の入口にあたる総門も見えてきましたね。

駐車場を出発してちょうど15分で到着です^^さっそく境内へお参りに行きましょう!


スポンサーリンク

さいごに。

成田山まで少しだけ距離はありますが、駐車料金が安くてすぐに停められる東和田駐車場、お参りの際はぜひ活用してみてください。

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする