浴衣をお手入れする方法。自宅での洗い方と洗濯した後の干し方。

浴衣をお手入れする方法、自宅での洗い方と洗濯した後の干し方。

夏祭りや花火大会で浴衣を着た後にどうやってお手入れしていますか?浴衣って着ると意外に汗をかいたりするので、汗で汚れてそのままにしておくのは心配ですよね。

浴衣はクリーニングに出さなくても、自宅で洗うことができるので意外と簡単にお手入れできるんですよ。

そこで今回は、浴衣のお手入れ方法について自宅での洗い方と干し方についてお話していきたいと思います。

スポンサーリンク

浴衣のお手入れの方法。

浴衣は着物の一種ですが、着物と違って綿素材でできたものがほとんどなので、わざわざクリーニングに出さなくても自宅の洗濯機や手洗いで洗うことができます。

綿素材は普通にアイロンがけもできますので、自宅で洗った後にしわになってしまっても、アイロンがけしてしわを伸ばしてしまえば問題ありません。

ただし、総絞りのような高級な浴衣の場合は絞りが取れてしまったり、絹や麻が混紡された浴衣などは縮んでしまう可能性がありますので、着物専門の京洗い屋さんやお近くのクリーニング店などに相談した方がよろしいでしょう。

俗にいう「お買い得!浴衣フルセット」や「浴衣着付け3点セット」というような名前で販売されている浴衣購入した場合は、はほぼ間違いなく綿100%でできた浴衣ですので、自宅で洗っても問題ありませんのでガンガン洗っていきましょう。

浴衣の自宅での洗い方。

それでは実際に自宅で浴衣を洗う方法を紹介していきます。自宅で洗う場合、手洗いと洗濯機で洗う2種類の方法がありますが、型崩れが心配なら手洗いした方がいいでしょう。

しかし、自分や家族の分など何枚か洗いたい浴衣がある場合は、一枚ずつ手洗いするのはちょっとめんどくさいですよね^^;そんな時は洗濯機の手洗いコースや、おしゃれ着洗いコースなどで優しく洗ってあげるといいですよ。

浴衣をお手入れする方法。自宅での洗い方と洗濯した後の干し方。

浴衣を手洗いする場合は、アクロンやエマールなどの手洗い用洗剤を大きめのタライ(ない場合は洗面所に水を張ってもOK)にキャップ1杯ぐらいの量を入れ30分ほどつけた後、やさしく押し洗いしましょう。

洗濯機で洗う場合は、手洗いコースやおしゃれ着コースなどの弱水流で洗うと型崩れを防ぐことができます。

洗剤は普通の洗剤よりも、エマールやアクロンなどのおしゃれ着用洗剤を使った方が、黒や濃紺、えんじ色など濃色の浴衣の色落ちを防ぐことができるのでおすすめです。

洗濯機で浴衣を洗って傷んでしまったら嫌だなと思う方は、浴衣をたたんでネットに入れてから洗うといいですよ!

浴衣のたたみ方は、こちらの青山きもの学院の3分で出来る「浴衣」のたたみ方という動画がわかりやすいです。

洗いあがった感じを、旅館に置いてある浴衣のようにパリッとさせたい場合は、洗濯のりを使うのがオススメです。

洗う時に洗剤と一緒に入れるタイプののりは、仕上がりがパリッとし過ぎてかたくなってしまう場合があります。

個人的にはアイロンがけで仕上げるスプレーのりのほうが、かたくなり過ぎず適度にパリッとした仕上がりになって、使いやすいので好みです。

別にそこまで仕上がりにこだわらない、という方は、洗った後にしわがついたところをアイロンがけして伸ばせばOKです。

綿は高温のスチームでアイロンがけしても、長時間アイロンを押し当てしなければ焦げたりしません。当て布をしてアイロンがけしなくていいので、普通の洋服感覚でしわを伸ばしてください。

洋服と違ってちょっと丈が長いので若干アイロンがけが大変ですが、アイロン台の上で少しずつずらしながらかけていけば大丈夫ですよ。

スポンサーリンク

浴衣を洗濯した後の干し方。

浴衣を洗った後は干して乾かさないといけないわけですが、浴衣は普通の浴衣と違って丈と袖の長さがありますので普通のハンガーにかけて干そうと思ってもうまく浴衣が引っかかりません。

そこで浴衣ハンガーというものがあるんですが、買うと安くても3000円ぐらいするし夏のお祭りや花火大会の時期ぐらいしか使わないなら、買うのはちょっともったいない…

と思う方もいらっしゃると思いますので、100均に売っているものと自宅にあるもので浴衣ハンガーを手作りしてしまいましょう。

◆100均で売っているものと自宅であるものでできる浴衣ハンガーの作り方◆

材料:つっぱりポール(100均のものでOK)、紐やリボン50センチぐらい(自宅にある紐やリボンならなんでもOK)、S字フック1個(これも100均で売っています)
浴衣をお手入れする方法、自宅での洗い方と洗濯した後の干し方。
まずはつっぱりポールをめいっぱい伸ばして最大の長さにしてください。そしたら用意しておいたリボンをポールの真ん中あたりに結び付けます。
浴衣をお手入れする方法、自宅での洗い方と洗濯した後の干し方。
はい、こんな感じでポールの真ん中あたりに紐やリボンの両端を結べばOKです。結び方は片結びでもリボン結びでも、ほどけなければお好みの結び方で構いませんよ(アバウト)
浴衣をお手入れする方法、自宅での洗い方と洗濯した後の干し方。
紐やリボンを結んだポールに浴衣の袖を通したら、S字フックで裾が床につかないようなところに干せば完了です!

これは私の持っている浴衣なんですが、色が黒なので日焼けを防ぐために部屋のクローゼットの扉に引っかけて干しています。風通しが悪くなければ部屋干しでも浴衣は乾きますよ。
浴衣をお手入れする方法。自宅での洗い方と洗濯した後の干し方。
裾が床についてしまうと汚れたり乾きが遅くなる原因になりますので、広げて吊るせるような場所に干すのがポイントです。干して乾かしたあとはアイロンがけで伸ばしたり、お好みでスプレーのりを使ってパリッとした仕上がりにしたり調節してみてください。

さいごに。

浴衣は着物と違い、もともとは普段着だったためお手入れしやすい素材でできているのが特徴です。

自宅でも手軽に洗えて清潔な状態を保つことができますので、浴衣のお手入れに慣れていない方も洋服感覚で自宅で浴衣を洗うことにチャレンジしてみてほしいな、と思います。

さいごまで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする