アンクレットを手作り チェーンの2連デザインの作り方。

アンクレットを手作り チェーンの2連デザインの作り方。

チェーンが2連になったアンクレットってシンプルだけど上品で、どんなお洋服にあわせてもエレガンスに決まる素敵なアクセサリーです♪

じつはパーツをつないでいけば簡単に作れるので、ぜひ作ってみてくださいね。

スポンサーリンク

材料と使う道具。

アンクレットを手作り チェーンの2連デザインの作り方。

  • チェーン
  • アジャスター
  • 引き輪
  • お好みのチャーム
  • 丸カンまたはCカン

今回作る2連のチェーンアンクレットは、アジャスターで調整できるフリーサイズになります。

足首のサイズが20㎝~25㎝ぐらいまで調節できるので、足がむくんで夕方にはサイズが変わっちゃう!という場合も大丈夫です(笑)

丸カンはチェーンと各パーツをつなぐために使いますが、Cカンを使ってもOKです。別の記事にそれぞれの使い分けについてまとめてあるので、よろしければ読んでみてくださいね。

使う道具はニッパーと平ヤットコを用意しましょう。

作り方の手順。

① まずはニッパーで、チェーンを20㎝と22㎝の長さに2本カットします。

2本の長さを変えることで、できあがった時に足首でチェーンが重ならず、きれいに2連のラインが出ますよ。

② チェーンのはじっこを2本まとめて丸カンに通し、片方にアジャスター、もう片方に引き輪をつなぎます。

アンクレットを手作り チェーンの2連デザインの作り方。

1つの丸カンにつなぐパーツが多いので、平ヤットコでつかむ面積が少なくてうまくつなげられないという時は、少し大きいサイズの丸カンを使ってみてください。

平ヤットコでつかむ面積が大きくなるので、うまくつなげられるようになります。

あまり大きいサイズの丸カンを使うと目立つので、ひとまわり大きいぐらいの丸カンを使うのがポイントです。

細めのチェーンで作る場合、小さ目の丸カンを使ってもうまく通らないことがあります。

そんな時は、「チェーンのコマを広げる方法」をお試しください!うまく通るようになりますよ。

③ 仕上げに長いほうのチェーンに、丸カンでチャームをつないだらできあがりです。

「え、これで完成?私にも作れるかも!」って思った方、結構いらっしゃるんじゃないかしら?(笑)

ハンドメイドアクセサリーを始めたばかりの方でも、30分あれば作れちゃいますよ^^


スポンサーリンク

完成!

私は今回細めのキヘイチェーンで色はゴールドにして作ったのですが、シルバーやピンクゴールドのチェーンを使うと、雰囲気もガラッと変わります。

あずきチェーンとキヘイチェーンを1本ずつ、という感じで違う種類のチェーンを混ぜて作ってもいい感じです。

チャームも長いほうのチェーンにひとつだけつけましたが、短いほうのチェーンにもつけたり、2~3コまとめてつけたりしてもボリュームが出てかわいいです^^

デザイン自体がシンプルなので、お好みでアレンジしながら自由に作ってくださいね。

ぶっちゃけかわいいチャームをつければ誰でもかわいいアンクレットが作れるので、手作りアクセサリー初心者さんにも簡単にできますよ!

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする