アンクレットの作り方 チェーンを使ったシンプルなレシピ。

アンクレットの作り方 チェーンを使ったシンプルなレシピ。

チェーンのアンクレットはどんな服装にもあわせやすいので、ひとつ持っていると春~夏のおしゃれに大活躍です^^

パーツをつなぐだけの簡単レシピなので、自分の好きなチャームを使って手作りしてみるのはいかがでしょう?

今日はチェーンを使ったシンプルなアンクレットの作り方を書いていきますね。

スポンサーリンク

材料と使う道具はこちら。

アンクレットの作り方 チェーンを使ったシンプルなレシピ。

・チェーン

・引き輪

・アジャスター

・お好みのチャーム

・丸カン、またはCカン

今回作るチェーンのアンクレットはアジャスターで長さを調節できます。

足首のサイズを20~25㎝ぐらいまで調整できるので、フリーサイズでつけていただくことができます。

アンクレットの作り方 チェーンを使ったシンプルなレシピ。

アクセサリーパーツをつなぐのに欠かせない丸カンとCカンは、見た目の好みで使い分けるのもアリですが、それぞれの違いについて書きましたのでよければご参考くださいね。

使う道具はニッパーと平ヤットコを用意しましょう。

作り方の手順。

アンクレットの作り方 チェーンを使ったシンプルなレシピ。

① まずはニッパーを使って、チェーンを20㎝の長さにカットします。丸カンをチェーンの両端に通し、引き輪とアジャスターをつないでください。

私はやや細めのキヘイチェーンで作ったのですが、細めのチェーンは丸カンやCカンのサイズによって、うまく通らないことがあります。

そんな時は、「チェーンのコマを広げる方法」というのをお試しください。

丸カンの使い方がよくわからない場合は、「丸カンの使い方」というページも読んでみてくださいね。

アンクレットの作り方 チェーンを使ったシンプルなレシピ。

② 引き輪とアジャスターを取りつけたら、丸カンでチェーンにチャームをつないでできあがりです♪

たったこれだけの工程なので、手順を紹介するほどでもないんですが^^;

「簡単だからハンドメイドアクセサリー初心者の私にも作れそう!」と感じた方も多いのではないでしょうか?(笑)

最低限のパーツをつなげばできあがるので、アクセサリーの手作りに慣れていなくても、30分あれば作れちゃいますよ~。

☆ハンドメイドならではのちょこっとアレンジ!

アンクレットの作り方 チェーンを使ったシンプルなレシピ。

アンクレットやブレスレットのサイズを調整するために使うアジャスターは、先端にしずく型のパーツ(←写真の左側のやつ)がついているものが多いです。

じつは手芸屋さんやアクセサリーパーツが売っているお店では、しずく型のパーツがついていないチェーンの部分だけのアジャスターも売っています。

チェーンの部分だけのアジャスターは、先端をお好みのチャームにつけ替えることができるので、本体につけたチャームと組み合わせてアレンジしてもいいですね♡


スポンサーリンク

完成!

アンクレットの作り方 チェーンを使ったシンプルなレシピ。

今回作ったアンクレットはシンプルなデザインなので、チェーンの色や種類を変えて作ると雰囲気も変わります。

お手持ちの服にあわせて、色違いで作ってコーディネートするのもかわいいので、ぜひ作ってみてくださいね^^

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

☆ほかの手作りアンクレットのレシピもあります↓

・簡単、ゴムを通すだけアンクレットの作り方!

・チェーンの2連アンクレットの作り方♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする