アンクレットの作り方 ビーズにゴムを通して作る簡単レシピ☆

アンクレットの作り方 ビーズにゴムを通して作る簡単レシピ☆

パンプスやサンダルの季節になると、足元のおしゃれに欠かせないアクセサリーがアンクレットです♡

私も毎年春~夏にかけて、ついついアンクレットの大量生産をしてしまいます(笑)

そこで今日はアクセサリーのハンドメイド初心者さんでもお手軽に作れる、ビーズとゴムのアンクレットの作り方を書きますね!

スポンサーリンク

材料と用意するものはこちら。

アンクレットの作り方 ビーズにゴムを通して作る簡単レシピ☆

・ビーズ 適量

・メタルビーズ(←穴が大きめのもの) 1コ

・シリコンゴムまたはオペロンゴム

・万能接着剤(←ゴムが接着できるものなら何でもOK)

使うビーズは大きさや形、素材や色などお好みで選んでください。

個人的には4~6㎜ぐらいの大きさのビーズがオススメです。細すぎず太すぎず、重ねづけにも便利なアンクレットができますよ。

特別な道具は特に使いません。ハサミ、セロテープ、つまようじ、ご自宅にあるものを使えば大丈夫です。それでは作っていきましょう~。

作り方の手順。

アンクレットの作り方 ビーズにゴムを通して作る簡単レシピ☆

① まずはご自分の足首の長さをはかり、10~20㎝ほどプラスした長さ(←最後に結ぶため)でゴムをカットします。

足首の長さはぴったりのサイズにしてしまうと、できあがったアンクレットをつけた時に痛くなる場合もあるので、1~2㎝ぐらいゆとりのある長さにするのがオススメです。

ゴムのはじっこをセロテープでとめて、ビーズを通していきます。そのまま足首に巻きつけられる長さになるまで、ひたすらビーズを通してください。

使うビーズの量は形や大きさ、足首のサイズで変わるので、ご自分で調整しながら作ってくださいね。

参考までに、私は4㎜のチェコカットビーズを70粒ほど使って作りました。ただし私は足首が太いほうなので、これを読んでいる方はもうちょっと少な目の量で作れるかもですw

アンクレットの作り方 ビーズにゴムを通して作る簡単レシピ☆

② 足首に巻きつけられる長さになったら、いちばん最後にメタルビーズを通してギュッと結んでください。

結び目の部分を固くほどけないようにするため、少量の万能接着剤を目打ちやつまようじで薄く塗り、乾くまでそのまま放置します。

接着剤をたくさんつけすぎると、あとで結び目がビーズの中に隠れなくなるので注意しましょう。

アンクレットの作り方 ビーズにゴムを通して作る簡単レシピ☆

③ 接着剤が乾いたら、あまりのゴムを結び目のキワでカットします。ゴムを軽く引っぱって、メタルビーズの中に結び目を隠してください。

メタルビーズは普通のビーズにくらべて、穴が大きくサイズも大きいものが多いので、あえて目立つようなメタルビーズを使っても、アクセントになっていい感じですよ。

もしもメタルビーズからあまりのゴムがはみ出していたら、ハサミの先端でカット、もしくは目打ちやつまようじで、メタルビーズの中に押し込んで処理してください。

アンクレットの作り方 ビーズにゴムを通して作る簡単レシピ☆

④ 全体的に軽く引っぱり、ゴムとビーズをなじませればできあがり!色違いで何本か作って重ねづけするとかわいいです♡

デザインが少し物足りないな~…という場合は、チャームをつけたりビーズの色を増やしたりしてアレンジしてみましょう。


スポンサーリンク

ビーズにゴムを通して作るアンクレット アレンジVer.

アンクレットの作り方 ビーズにゴムを通して作る簡単レシピ☆

1色のビーズで作ったアンクレットは、チャームをプラスすると華やかになります。お好みのチャームを選んで、大きめの丸カンでアンクレットにつなぐだけのお手軽アレンジです♪

写真の右側にうつっているアンクレットは、2色のビーズとつなぎ目にメタルビーズを使ってみました。

半端な量の2色のビーズを適当に通したずぼらアレンジですが、同系色のビーズなのでそれなりにまとまって見えるアンクレットになりました(笑)

ゴムにビーズを通して結べばできあがる簡単なレシピなので、子供の頃に遊んだビーズ遊びみたいにお好きなビーズを自由に組み合わせて作ると楽しいですよ^^

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする