100均の仕切り板で編み物 マフラーを手編みする方法♪

先日、ダイソーの間仕切りニットメーカーを使ってネックウォーマーを編んだのですが、一緒にマフラーも編んでみました^^

ということで、間仕切り板を使った編み物第2弾!マフラーの編み方を書いていきますね。

スポンサーリンク

材料と用意するものはこちら。

100均の仕切り板で編み物にチャレンジ マフラーを編む方法♪

今回使った毛糸はダイソーに売っていたスーパーバルキーヤーンです。私はロングマフラーが好きなので、こちらの毛糸を10玉使いました。

もちろん100均以外の毛糸で編んでもかまいません。

間仕切り板を使った編み物は、極太~超極太の毛糸を使って編むのがオススメです。並太以下の毛糸を使うと、編み目がスカスカになって見た目がさびしくなります^^;

使う毛糸の量を決める方法は、ゲージの目安というページもご参考ください。

写真の奥にうつっているオレンジ色のひも通しみたいなやつは、とじ針というもので編み終わりの処理などに使います。100均にも売っていますので用意しておきましょう。

作り方の手順。

それではさっそく編んでいきましょう。前回のネックウォーマーは表編みでしたが、今回のマフラーはゴム編みにしてみました!

100均の仕切り板で編み物 マフラーを手編みする方法♪

① まずは編み始めの「作り目」を編んでいきます。写真のよう間仕切り板の半分に外側、内側、と交互になるよう毛糸を針山へかけていきます。

100均の仕切り板で編み物 マフラーを手編みする方法♪

② 編み始めの毛糸をかけ終わったらそのまま折り返して、写真のように交互にかけた毛糸の上に並ぶようにしてください。

針山の外側に毛糸が2本かかっているところ(←写真の★がついているところ)の下の毛糸を指でつまみ、上の毛糸をくるむようにかぶせて針山の裏へ落とします。

★がついていない針山の毛糸はそのままにしてOKです。

100均の仕切り板で編み物 マフラーを手編みする方法♪

毛糸をかけ始めた位置まで戻ってくると、全部の針山に毛糸がかかっている状態になり、作り目の部分ができました。

100均の仕切り板で編み物 マフラーを手編みする方法♪

③ 作り目が編めたらゴム編みをしていきます。ゴム編みは表編みと裏編みを交互にくりかえす編み方になり、最初は表編みからスタートします。

針山にかかっている毛糸の上に編み糸をかけたら下の毛糸を指でつまみ、編み糸をくるむようにかぶせて針山の裏へ落としてください。

100均の仕切り板で編み物 マフラーを手編みする方法♪

④ 次の目は裏編みをします。針山にかかっている毛糸の下から編み糸を通したら、針山から編み目をはずします。

100均の仕切り板で編み物 マフラーを手編みする方法♪

編み目をはずしたら、下から通した編み糸を針山に引っかけてください。次の目は表編み、その次は裏編み…を、くりかえします。

100均の仕切り板で編み物 マフラーを手編みする方法♪

いちばんはじっこまで編んだら、編み糸を折り返して(←写真の矢印がついている方向)ふたたびゴム編みをしていきます。

表編みした針山は常に表編み、裏編みした針山は常に裏編みするように気をつけながら編んでいきましょう。

編み方を動画でご覧ください。

写真と文章だけだとわかりにくいと思いますので、ハマナカという会社から販売されている、アンデミルミルというニットメーカーの使い方動画もあわせてご覧ください。

間仕切りニットメーカーと使い方は同じなので、実際の編み方がわかりやすいですよ。作り目の編み方はこちら↓の動画の、1:25~2:35で解説しています。

ゴム編みの方法はこちら↓の動画をご覧ください。写真だとやや複雑に感じる裏編みのやり方が、動画だと「簡単に編めるのね~!」と、いうのがわかります(笑)

100均の仕切り板で編み物 マフラーを手編みする方法♪

編んでいる途中で毛糸がなくなったり色を変える時は、新しい毛糸をかた結びしてつぎ足します。つぎ足した毛糸は10㎝ぐらい残しておいてくださいね。

100均の仕切り板で編み物 マフラーを手編みする方法♪

⑤ お好みの長さまで編んだら、全体的に軽く引っぱり編み目の形を整えます。

編み終わりの処理をするために、間仕切り板の長さ+20㎝ぐらいの毛糸を残して、あまりはカットしてください。残した毛糸はとじ針の穴に通します。

100均の仕切り板で編み物 マフラーを手編みする方法♪

針山にかかっている編み目の下からとじ針をくぐらせて、残した毛糸を通していきます。

100均の仕切り板で編み物 マフラーを手編みする方法♪

毛糸を通したら針山からはずして大丈夫です。

100均の仕切り板で編み物 マフラーを手編みする方法♪

すべての針山にかかっている編み目に毛糸を通したら、軽く引っぱりマフラーの幅を調整します。お好みの幅になったらいちばん最後の編み目にとじ針を通して、小さな輪っかを作ります。

100均の仕切り板で編み物 マフラーを手編みする方法♪

輪っかにもう一度とじ針を通してギュッと引っぱり、結び目を作ります。

100均の仕切り板で編み物 マフラーを手編みする方法♪

結び目を作ったらはじっこの編み目を2~3回かがって(←写真の赤い斜線部分)、あまりの毛糸をカットします。

100均の仕切り板で編み物 マフラーを手編みする方法♪

⑥ 仕上げに毛糸をつぎ足したり、色を変えた部分の処理をします。となりの編み目に2~3目ほど毛糸をくぐらせ、あまりをカットしてください。

100均の仕切り板で編み物 マフラーを手編みする方法♪

⑦ お好みでネームタグをつけてもOK!ネームタグのはじっこを、手縫いで2か所ぐらい縫い付ければ取れませんよ。


スポンサーリンク

完成!

100均の仕切り板で編み物 マフラーを手編みする方法♪

できました~!極太毛糸を10玉使ったので、160㎝ぐらいのボリュームがあるマフラーになりました♡

私は3色のボーダーにしてみましたが、1色で全部同じ色に編んでもシンプルでかわいいです。

ニットメーカーは使い方が簡単なので、棒針を使った編み物がよくわからなかった方でも、マフラーやネックウォーマーなどの小物が作れますよ。

手軽に編み物をはじめてみたいと思ったら、間仕切り板を使った編み物にぜひチャレンジしてみてください!

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

☆同じニットメーカーを使った、ネックウォーマーの作り方もあります^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする