編み物で毛糸の量を決めるゲージの目安について解説するよ!

編み物で毛糸の量を決めるゲージの目安について解説するよ!

編み物をする時に使う毛糸の量はどれだけ用意すればいいか決めるのって、ちょっとわかりにくいですよね。

そこで編み物で使う毛糸の量を決める目安となる、ゲージについて書きたいと思います。

スポンサーリンク

編み物のゲージとはなんぞや?

編み物で毛糸の量を決めるゲージの目安について解説するよ!

毛糸は種類によって太さや長さが違うため、編みたいものにどれぐらいの量の毛糸を使えばいいかという目安は、ゲージというものを見ながら決めていきます。

「ゲージ」とは
15~20cmほど試し編みをして、その中央10cm四方で何目何段編めるかを見ることで作品を希望通りの寸法に仕上げるための作業です。

Craft Town様より引用させていただきました。簡単にいうと、この毛糸を何玉使えばこれぐらい編めますよー、という目安のことになります。

マフラーなら〇玉、ネックウォーマーなら〇玉…という感じで、使用する編み針の号数と一緒に毛糸に巻かれたラベルの裏に表示されています。

 編み物する時 毛糸の量はどうやって決める?

ゲージは編む人によって編み目がきつめだったり、ゆるめになったりと個人差があるので少しずつ違ってきます。

そのため毛糸に巻かれたラベルの裏に表示された玉数と編み針を使っても、同じゲージにならない場合が結構あります。

毛糸の量を決める方法として、まずはひと玉買ってみて自分の編みたい幅に編んでから、何センチ編めたかを計り、全部でいくら必要か計算して買うというやり方があります。

こちらの方法だと、自分がどれぐらいのゲージで編めるかという目安がはっきりわかるので、編みたいものに使う毛糸の量が無駄なく決められます。

個人的には試し編みをするのがちょっと面倒だな、と思った時はラベルの裏に表示された玉数に1~3コ足した数を用意して、ざっくりと毛糸の量を決める場合もあります(笑)

多少多めに用意しておけば、長めに編んだり幅を広くしてボリュームを出したりできますし、もし余っても小物なんかを作ればいいですしね^^

無駄なく毛糸を用意するなら試し編み、アバウトでいいならラベル裏の玉数にいくつか足した量を用意する、という感じで決めるといいですよ。

スポンサーリンク

編み物でゲージの目安が合わない時の対処法。

自分で編んだゲージが目安と合わない場合は、編み針の号数を変えることで対処できます。

編み目の数が多いなら針の号数を上げ太い針へ、少ないなら針の号数を下げ細い針へ変えることで、合わせることができます。

しかし先ほども書きましたが、ゲージというものはあくまで目安なので個人差があるものです。

編み針の号数を変えてもゲージが合わない場合は、無理に合わせる必要はありません。

編み物はもともと自分が必要なサイズに編んで調整するものなので、途中まで編んでちょうどいいサイズ感ならそのまま編めばいいですし、大きいなら編み目の数を減らせば大丈夫ですよ。

途中で毛糸が足りなくなったら買い足せばいいだけなので、あまり気にせず自分のゲージに合わせて編んでいくとラクですよ。

さいごに。

毛糸の量はゲージを目安に決めますが、そこまでこだわらなくても大丈夫です。失敗してもほどいて編み直せばOKなので、気軽に編み物を楽しみましょう!

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする