一粒パールのネックレスの作り方 半端なビーズ消費にいかが?

一粒パールのネックレスの作り方 半端なビーズ消費にいかが?

パールが一粒だけ余っていたので、チェーンに通してネックレスにしてみました。

ちょっと大きめのパールが一粒あれば作れるので、残ったビーズで何か作れるかな?という時にも、ちょうどいいアクセサリーです。

半端なビーズ消費の参考におひとついかがですか?

スポンサーリンク

材料と使う道具。

一粒パールのネックレスの作り方 半端なビーズ消費にいかが?

  • 極細チェーン
  • パールビーズ
  • ボールチップ
  • つぶし玉
  • 丸カン
  • 引き輪
  • ダルマカン

今回はパーツクラブというお店で売っている、エレガンスチェーンという超極細なチェーンを使って作りました。

こちらのエレガンスチェーンは0.5㎜の極細なので、小さい穴のビーズにも直接チェーンを通してネックレスなどが作れます。

穴のあいていないチェーンなので、ボールチップとつぶし玉を使って引き輪とダルマカンをつなぐ必要があります。

お住まいの近くにパーツクラブの店舗がない場合、ネットでスエッジチェーンと検索すると、エレガンスチェーンに似たようなデザインの極細チェーンが見つかります^^

使う道具は平ヤットコとニッパーを用意しましょう。

作り方の手順。

一粒パールのネックレスの作り方 半端なビーズ消費にいかが?

① まずはニッパーを使って、チェーンをお好みの長さにカットします。カットしたらパールビーズの穴に、直接チェーンを通してください。

こちらのパールは穴が1㎜ぐらいしかないので、普通のチェーンだと直接通すことはできないんですが、エレガンスチェーンを使えば簡単に通ります。

ネックレスを作るときに、どれぐらいの長さにすればいいのかよくわからないという場合は、手芸材料専門店 オカダヤさんのサイトにあるアクセサリーの長さの目安というページもご参考ください。

一粒パールのネックレスの作り方 半端なビーズ消費にいかが?

② チェーンのはじっこに、ボールチップを取り付けていきます。写真を参考に、ボールチップの穴にチェーンのはじっこを通したら、先端につぶし玉をとりつけます。

平ヤットコでつぶし玉はさんだら、そのままギュッとにぎって潰しましょう。

チェーンとつぶし玉の間にすきまができると、ボールチップから抜けてしまうので、つぶし玉が平べったくなるようしっかりつぶしてください。

一粒パールのネックレスの作り方 半端なビーズ消費にいかが?

つぶし玉をとりつけたら、平ヤットコでボールチップを両側からはさんで閉じます。ボールチップからチェーンの先端がはみ出す場合は、ニッパーで短くカットしてから閉じましょう。

一粒パールのネックレスの作り方 半端なビーズ消費にいかが?

③ ボールチップのはじっこを写真のように平ヤットコではさみ、丸みを潰しすぎないようゆっくり握って丸めます。

力を入れて握ると丸みが潰れるので、ゆっくり握るのがポイントですよ。

もしも丸みが潰れた時は、丸ヤットコを使ってカーブをつけ直してあげると復活します。

一粒パールのネックレスの作り方 半端なビーズ消費にいかが?

すきまがあいてしまうと後で取りつける丸カンがはずれてしまうので、ぴったりくっつけてくださいね。

もしもすきまがうまくくっつかない場合は、平ヤットコの先端をすきまにあててゆっくり握っていくと、うまくくっつくので試してみてください。

一粒パールのネックレスの作り方 半端なビーズ消費にいかが?

④ 仕上げに丸カンを使って、引き輪とダルマカンをつなげばできあがりです♪

今回使ったボールチップ、つぶし玉、丸カン、引き輪、ダルマカンは金具セットという名前で使うパーツがセットになった便利なパックも売っています。

ネックレスをひとつしか作らないのに使わないパーツが余るのは嫌だな、という場合はネックレスを作るのに必要な個数が一組セットになっている、金具セットを購入するといいですよ。


スポンサーリンク

完成!

一粒パールのネックレスの作り方 半端なビーズ消費にいかが?

私はガラスパールで作りましたが、コットンパールや淡水パールなどを使ってもかわいいです。

パール以外に普通のビーズで作っても雰囲気が全然変わりますよ。

ビーズの余りを活用するのにぴったりのアクセサリーですが、お好みのビーズを買って作ってももちろんOKなので、ぜひ作ってみてくださいね。

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする