ロングスカートのリメイク ひざ丈バルーンスカートの作り方☆

ロングスカートのリメイク ひざ丈バルーンスカートの作り方☆

買って間もないマキシスカート…裾を引っかけたようで、穴があいてしまいました(泣)

まだ数回しか着てないのに、このまま捨てるのはもったい!というわけで、ひざ丈のバルーンスカートにリメイクしてみました。

裏地つきのマキシスカートを利用すれば、ただ裾を短くするだけじゃなくバルーンスカートが作れます。

今回のリメイクは初心者さんには少し難しいかもしれませんが、興味がある方は作り方を書いておきますので参考までにどうぞ!

スポンサーリンク

リメイクの手順。

それではリメイクの方法を紹介していきます。今回作ったバルーンスカートはフリーサイズになります。

書いてある寸法には1㎝の縫い代が含まれているので、そのまま切っていただいて大丈夫です。

ロングスカートのリメイク ひざ丈バルーンスカートの作り方☆

① まずはスカートのウエストについているベルト部分を取ります。私は縫ってあるところをほどいて取りましたが、面倒くさい方はハサミでベルトを切ってしまってもOKです。

ベルトを取ったらスカートの表地を55㎝、スカートの裏地を38㎝の長さに切ります。スカートを真ん中で半分に折ると、長さがはかりやすいです。

薄手で伸びやすい生地のスカートはウエストの部分に伸び止めテープを貼ると、伸びて寸法が変わるのを防ぐことができます。

普通の厚さの生地なら伸び止めテープは使わなくてOKです。

ロングスカートのリメイク ひざ丈バルーンスカートの作り方☆

② 表のスカートの裾にギャザーをよせるため、裾から1㎝のところと5㎜のところ(←だいたいでOK)にぐるっと一周、上糸の調子を弱くして縫い目の大きいミシンをかけます。

お使いのミシンの縫い目を最大に設定してから縫うといいですよ。

ロングスカートのリメイク ひざ丈バルーンスカートの作り方☆

③ ギャザーをよせるミシンをかけたら、スカートの表地と裏地の裾をそれぞれ均等に8等分して、チャコペンでしるしをつけます。

スカートの表どおしが内側になるよう重ねたら、写真のように表地と裏地の8等分したしるしどおしを重ねてまち針でとめます。

ロングスカートのリメイク ひざ丈バルーンスカートの作り方☆

④ 裏地の裾にあわせて、表地の裾にかけたミシンの糸をひっぱり、全体的に均等なギャザーを寄せたら、ぐるっと一周動かないようにしつけ糸で仮縫いします。

しつけ糸で仮縫いする時は、実際にミシンで縫うところに仮縫いしてしまうと、後でしつけ糸を抜くのが大変になります。

ミシンで縫うところより2㎜ぐらい(←だいたいでOK)横にずらして仮縫いすると、しつけ糸を抜くのがラクになりますよ。

ギャザーのよせ方と縫い方を動画で見てみよう。


ギャザーの寄せ方は写真で見ても少しわかりにくいかもしれませんので、うさこの洋裁工房を運営されている、管理人のうさこ先生が解説する動画を参考にしてみて下さい。

ミシンの糸調子のあわせ方から、きれいにギャザーを寄せる方法まで詳しく説明してくださっているので、とてもわかりやすいです^^

ロングスカートのリメイク ひざ丈バルーンスカートの作り方☆

⑤ ギャザーを寄せたら1㎝の縫い代で、スカートの裾を縫いあわせます。縫いあわせたら、しつけ糸は抜いてしまってかまいません。

マキシスカートはカットソーやニットなど伸びる生地で作られている場合も多いので、縫う時はニット専用のミシン針や糸を使いましょう。

普通のミシン針でニット生地を縫うと穴があく場合がありますし、普通のミシン糸は伸びないのでニット生地を縫うと引っぱった時に切れたりします。

ニット生地にはレジロンという伸びるミシン糸を使うと、引っぱった時に糸が切れるのを防いでくれますよ。

ロングスカートのリメイク ひざ丈バルーンスカートの作り方☆

⑥ 裾を縫いあわせたら縫い代のはじっこに、ほつれ止めのジグザグミシンをぐるっと一周かけてください。これで裾の処理はOKなので、今度はウェストを縫っていきます。

ロングスカートのリメイク ひざ丈バルーンスカートの作り方☆

⑦ スカートを表にひっくり返し、表のスカートと裏のスカートのウエストをあわせます。

ロングスカートのリメイク ひざ丈バルーンスカートの作り方☆

カットした裾の部分で、縦:10㎝×横:ウエストの長さ+縫い代2㎝のウエストベルトを作り、1㎝の縫い代でスカートに縫い付けます。

カットした裾がウェストベルトを作るほど余っていなかったら、あえて別の生地をベルトにしてもかわいいと思います。

ロングスカートのリメイク ひざ丈バルーンスカートの作り方☆

ウエストベルトは1㎝の縫い代でわっかを作ってからスカートに縫い付けるのですが、5㎝縫い残しておいてください。

縫い残した部分はゴム通し口になるので、写真の赤い線が引いてあるところに端ミシンをかけます。

ロングスカートのリメイク ひざ丈バルーンスカートの作り方☆

ゴム通し口の端ミシンをかけたら、ベルトの端を1㎝折ってアイロンをかけます。

ロングスカートのリメイク ひざ丈バルーンスカートの作り方☆

⑧ ベルトの端を折ったら半分に折り、動かないようにしつけ糸で仮縫いします。

ロングスカートのリメイク ひざ丈バルーンスカートの作り方☆

表側からミシンをかけて、ベルトを固定していきます。縫い終わったらしつけ糸は抜いてかまいません。

ロングスカートのリメイク ひざ丈バルーンスカートの作り方☆

⑨ ウェストベルトを固定したらゴムを2本通すために、ベルトの真ん中と端から2㎜ぐらいのところをぐるっと一周縫います。

ロングスカートのリメイク ひざ丈バルーンスカートの作り方☆

こちらが真ん中のと端の部分を縫い終わったところです。ゴムの通し口は力がかかるので、糸が切れないように返し縫いをしておきましょう。

ロングスカートのリメイク ひざ丈バルーンスカートの作り方☆

⑩ 最後にゴムを通します。ゴムのはじっこが中に入り込まないように、まち針でとめておくか洗濯ばさみでベルトにはさんでおくといいですよ。

ゴムが中でねじれないように注意しながら通していきます。

ゴムは通しているうちに多少伸びるので、ご自身のウエストからマイナス10㎝の長さにカットして、スカートに通しながらお好みのきつさに調整してつないでください。

ゴムのはじっこは結んでしまうと、これまたウエストの中でゴロゴロして痛いので、1㎝重ねてミシンで縫うか、手縫いでつなげるようにしましょう。

ロングスカートのリメイク ひざ丈バルーンスカートの作り方☆

もう片方にも同じようにゴムを通し、すそのギャザーに軽くアイロンをかけて落ち着かせたらできあがりです^^

スポンサーリンク

完成!

思いつきでリメイクしたバルーンスカートですが、イメージ通りのスカートになりました♡

ギャザーをよせたりウエストベルトを新しくつけたりと、リメイク工程が多いので初心者さんには少しわかりづらい部分が多いかと思います(すみません…)

普段からお裁縫をされている方でしたら何となくこんな感じかな?という感覚で作れると思いますので、よろしければご自宅の着ていないお洋服をリメイクするのにお役立てください(笑)

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする