くるみボタン ヘアゴムの付け方 結び目にウッドビーズを使う方法。

くるみボタン ヘアゴムの付け方 結び目にウッドビーズを使う方法。

くるみボタンのヘアゴムを作る時に、ゴムはどう付けたらいいのかちょっと悩みます。

そのまま通して結んだだけだと結び目が気になるし、フェルトやリボンを貼って隠そうとすると、結び目がゴロゴロしたりで変に目立ったり…

それならウッドビーズを使ってみませんか?今日はくるみボタンの結び目を簡単に隠せるウッドビーズの使い方を書いていきます。

スポンサーリンク

用意するもの。

くるみボタン ヘアゴムの付け方 結び目にウッドビーズを使う方法。

  • ウッドビーズ(穴が大きめのもの)
  • ヘアゴム(細めのもの)

ウッドビーズはもともと穴が大きめに作られているものが多いのですが、3㎜ぐらいの太いヘアゴムの結び目を隠すには、ちょっと穴が小さいです。

くるみボタン ヘアゴムの付け方 結び目にウッドビーズを使う方法。

こんな感じでゴムが太いと、ビーズの穴に上手く通りません(泣)なので、使うゴムは細めのものを選ぶのがポイントです。

くるみボタン ヘアゴムの付け方 結び目にウッドビーズを使う方法。

100均とかに売っている、2~3色セットになった細いヘアゴムがちょうどいいサイズです。

くるみボタン ヘアゴムの付け方 結び目にウッドビーズを使う方法。

「髪が多いから細いヘアゴム1本じゃまとまらないし切れちゃうよ!」という方もいらっしゃると思います…というか、私がそうです(笑)

そんな場合は細いヘアゴムを2本使ってみてください。髪もまとまりますし切れにくくなります。細いヘアゴムなら、2本使ってもウッドビーズに結び目が上手く隠れますよ。

ヘアゴムの付け方。

くるみボタン ヘアゴムの付け方 結び目にウッドビーズを使う方法。

まずはくるみボタンにヘアゴムとウッドビーズを通して、ほどけないようにギュッと結びます。結び目のギリギリで余分なゴムをカットしてくださいね。

ゴムを2本使う場合は、あえて違う色を2本使ったほうがオシャレになります。今回は白いくるみボタンにあわせて、白と茶色のゴムを使ってみました^^

くるみボタン ヘアゴムの付け方 結び目にウッドビーズを使う方法。

結び目の部分に万能接着剤や布用ボンドを少しだけ塗ったら、ウッドビーズの中に結び目を引っぱりこんで隠します。

接着剤がなければ塗らなくてもかまいませんが、塗ったほうがビーズの中から結び目がとび出してこないです。

接着剤や結び目がはみ出していたら、目打ちを使って中に押しこんでくださいね。接着剤が完全に固まるまで、そのまま1日動かさず乾燥させます。

スポンサーリンク

完成!

くるみボタン ヘアゴムの付け方 結び目にウッドビーズを使う方法。

くるみボタンにビーズとゴムを通して結べば簡単にヘアゴムのできあがりです♪

ツメを噛ませてゴムをつなぐような金属パーツも大型の手芸店などで売っていますが、ツメがうまく噛みあわなくてゴムが抜けたりします。

平ペンチでツメを曲げて使うのですが、きれいに平たく曲げるのが意外に難しくて、見た目が残念な感じになったり…

使い勝手がイマイチだけど1パックに2コぐらいしか入ってないので、個人的にはあまりお得感を感じらないパーツだと思っています(笑)

ウッドビーズは100~200円ぐらいで10コ入パックとかが買えるので、金属パーツよりも断然使いやすいしお手軽なのでぜひ試してみてください!

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする