パーカーのリメイク フードにチロリアンテープを付ける方法^^

パーカーのリメイク フードにチロリアンテープを付ける方法^^

ラッシュガード用に買ったユニクロのパーカー。そのまま着るには少々地味(失礼)なので、私の普段着としてあまり出番がありませんw

そこで普段着仕様にするべく、フードのまわりにチロリアンテープを付けてリメイクしてみました。

スポンサーリンク

用意するもの。

パーカーのリメイク フードにチロリアンテープを付ける方法^^

  • チロリアンテープ フードのまわりの長さ+2㎝
  • ニット用ミシン糸
  • ニット用ミシン針
  • しつけ糸

今回はミシンを使ってチロリアンテープを縫い付けていきます。

パーカーにはニットなど伸びる生地が使われているので、縫う時にはレジロンという専用の糸とニット用のミシン針を使います。

レジロンは強く引っぱっても切れにくいミシン糸です。普通のミシン糸は強く引っぱると切れてしまうので、伸びる生地を縫うのには向かないんですね。

ニット用のミシン針は普通のミシン針にくらべ先端が鋭くなっているので、縫った時に生地に穴があきにくくなります。

ニット生地をスムーズに縫うためにぜひ使って行きましょう!

リメイクの手順。

パーカーのリメイク フードにチロリアンテープを付ける方法^^

① はじめにパーカーのひもをはずします。個人的にパーカーのひもって特に使わないのと、チロリアンテープを縫い付けるのに邪魔だったので、思い切ってはずしてしまいました(笑)

パーカーのリメイク フードにチロリアンテープを付ける方法^^

② フードのまわりにチロリアンテープをぐるっとまち針でとめていきます。はじっこの部分(写真の赤いマルがついているところ)は、ほつれてこないよう1㎝内側へ折りこみます。

パーカーのリメイク フードにチロリアンテープを付ける方法^^

③ しつけ糸でチロリアンテープをパーカーへ縫い付けていきます。チロリアンテープのはじっこから3㎜ぐらい内側(だいたいでOK!)を上下縫うと、ミシンで縫いやすくなります。

まち針でとめただけだと縫っている時にパーカーが伸びて、チロリアンテープの長さが足りなくなったり、曲がって縫いにくかったりするので、しつけ糸でとめたほうが仕上がりもきれいになりますよ♪

☆チロリアンテープの付け方☆

パーカーのリメイク フードにチロリアンテープを付ける方法^^

チロリアンテープは両端を縫って付けていきます。端にミシンをかけるのは曲がったりして難しい!と感じる方もいらっしゃるかと思います。

そんな時はしつけ糸をまっすぐ縫うための目印にするといいですよ。

チロリアンテープの端から3㎜ぐらい内側をしつけ糸で縫っていますので、しつけ糸のすぐとなりを縫えば、チロリアンテープの端から2㎜ぐらいのところにミシンがかけられます。

しつけ糸の上にミシンをかけるとあとで抜きにくくなるので、となりの部分を縫うのがポイントです。

ミシンのスピードはいちばん遅くて大丈夫なので、すこしずつゆっくり縫っていきましょう。多少曲がってもパッと見はわからないので、細かいことは気にせずガシガシ縫いましょう!

パーカーのリメイク フードにチロリアンテープを付ける方法^^

最後にほつれてこないよう折り返した部分(写真の赤い線がついているところ)を縫います。この部分はミシンで縫いにくいので、コの字とじという方法で手縫いしていきます。

コの字とじのやり方は、日本ヴォーグ社さんの動画がわかりやすいので参考にしてみてください。ここまで縫ったら、あとはしつけ糸を抜けばリメイク完了です。


スポンサーリンク

完成!

パーカーのリメイク フードにチロリアンテープを付ける方法^^

そのままだと地味な感じ(失礼)だったユニクロのパーカーが、普段着仕様になりました^^

パーカーのリメイク フードにチロリアンテープを付ける方法^^

フードに縫い付けるだけなら縫う場所も多くないので、あまり時間をかけずにリメイクできます♡

ちなみにこちらのリメイクで使ったチロリアンテープは、ユザワヤさんの特価ワゴンにあったものです。

安くてもかわいい柄のチロリアンテープは、手芸店や100均にも売っていますので、お気に入りの柄を見つけたら、ぜひパーカーのリメイクに使ってみましょう(笑)

かわいいオリジナルのパーカー作りにチャレンジしてみてくださいね。

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする