ユニクロのカーディガンをリメイク ボタンを付け替えてオシャレに☆

ユニクロのカーディガンをリメイク ボタンを付け替えてオシャレに☆

ユニクロのカーディガンはそこそこの品質と手頃な価格、シンプルなので着回しできるのがいいところ。

でも一つだけ気に入らないポイントが…それはカーディガンのボタン。メリノウールなのに何でボタンがプラスチックなのか^^;

それならボタンを付け替えてリメイクしてみませんか?ボタンのサイズ選びから付け方までの手順を書いていきますね。

スポンサーリンク

ユニクロのカーディガン ボタンのサイズはどれぐらい?

ユニクロのカーディガンをリメイク ボタンを付け替えてオシャレに☆

はじめに新しく付け替えるボタンを用意しましょう。

ボタンの大きさ+ボタンの厚み=ボタン穴のサイズで、付け替えるボタンのサイズを決めていきます。

ユニクロのカーディガンに付いているボタンのサイズは、だいたい10~12㎜の間で発売された時期によって若干変わります(←私の個人的調査による)

まずはリメイクするカーディガンに付いているボタンの直径をはかって、同じぐらいの厚みとサイズのボタンを選んでいきましょう。

パールやお花の形のボタンなど、もともと付いていたボタンと厚みや形が違うものに付け替える場合は、2~3㎜小さ目のサイズを選びます。

こうすることで付け替えたあとに、「ボタンをとめる時に穴が小さくてかからない!」といった失敗がなくなります。

あとはカーディガンの色にあわせて、ボタンの色を決めていきます。今回リメイクするカーディガンは赤なので、グレー系の貝ボタンを選んでみました。

ボタンの付け方と取れにくい縫い方のコツ♪

① 最初にカーディガンからボタンをはずしていきます。

ボタンを縫い付けている糸とカーディガンの境目がわかりにくい場合もあるので、ボタンの上から糸を切ってはずしていくと、間違えてカーディガンを切ってしまった!という失敗が少ないです。

ボタンは全部はずしてしまうよりも、1コずつはずしながら付け替えたほうが、ボタンの位置がわかりやすいですよ。

ユニクロのカーディガンをリメイク ボタンを付け替えてオシャレに☆

② ボタンを縫い付けていた糸まできれいに取ったら、裏から針を刺して写真のように小さな×印を縫って、ボタンを縫い付ける位置を確定させます。

また、×印に縫うことでニットのように糸が抜けやすい生地でも、しっかり縫い付けることができますので試してみてくださいね。

ユニクロのカーディガンをリメイク ボタンを付け替えてオシャレに☆

③ ボタンの裏から針を入れて糸を通し、隣の穴からカーディガンに刺します。

これを2~3回くりかえして、ボタンに糸を通していくのですが、写真のようにカーディガンの厚みをプラスしたゆとりを糸足といいます。これを持たせて糸を通してください。

糸足はだいたいの目安でOKです。これがないとボタンをかけた時に窮屈なので、うまくかからなかったり、すぐにはずれたり、ボタンが取れたり…といった原因になります。

既製品では糸足のついていない服が多いですが、糸足をつけるとボタンが取れにくくなるので、ご自分でボタンを付け替える時にはぜひつけていきましょう。

ユニクロのカーディガンをリメイク ボタンを付け替えてオシャレに☆

④ 糸足にすきまができないように、糸をぐるぐるっと巻いていきます。糸足の根元かボタンを片手で持ちながら巻くと、たるまないできれいに巻けます。

ユニクロのカーディガンをリメイク ボタンを付け替えてオシャレに☆

⑤ すきまがなくなったら、写真のように糸足の根元で余った糸を1回結びます。こうすることで巻きつけた糸がゆるみにくくなり、ボタンも取れにくくなるのでお試しあれ。

ユニクロのカーディガンをリメイク ボタンを付け替えてオシャレに☆

⑥ 最後にカーディガンの裏で玉止めをして、最初に×印を縫った時の余分な糸をカットすればボタン付けの完了です。同じように全部のボタンを付け替えていきます。


スポンサーリンク

完成!

ユニクロのカーディガンをリメイク ボタンを付け替えてオシャレに☆

安っぽいプラスチックボタンから貝ボタンにしたので、ちょっとオシャレになりました(笑)

ユニクロのカーディガンをリメイク ボタンを付け替えてオシャレに☆

10~12㎜の大きさのボタンは、種類にもよりますが1コ 30~50円ぐらいで買えるボタンが多いので、お安くリメイクできるのもうれしいポイントです。

ユニクロのカーディガンをリメイク ボタンを付け替えてオシャレに☆

一緒にグレーのカーディガンもリメイク♡こちらは白い貝ボタンにしてみました。

ボタンを付け替えると服の印象はだいぶ変わりますので、デザインは嫌いじゃないけどなんとなく気に入らない…といったカーディガンをお持ちでしたら、ぜひボタンのリメイクを試してみてくださいね!

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする