浴衣のインナーは代用できるの 白地の場合 色は何を選べばいい?

浴衣のインナーは代用できるの 白地の場合 色は何を選べばいい?

はじめて浴衣を着るとなると、着付けの方法だったり浴衣のインナーは何を着ればいいかわからないですよね。

浴衣用のインナーを持っていない場合や、あまり使うものじゃないから家にあるもので代用できないかな?という方向けに、家にあるもので女性用の浴衣インナーを代用する方法をまとめてみました。

スポンサーリンク

浴衣のインナーは代用できる?

浴衣は洋服と違って体のラインをきれいに出すのではなく、なるべくウエストのくびれをまっすぐにして、胸元もボリュームを出すというより平たんな状態にして着付けをした方がきれいに着こなすことができます。

また女性の浴衣は脇から袖の内側にかけて、身八つ口と呼ばれるあきがありますので、普段の洋服を着るときの下着をそのままつけたりすると見えてしまう場合があります。

これらをカバーするためにあるのが浴衣用のスリップや肌着ですが、手持ちのもので代用することもできます。

上はカップ付のタンクトップや、カップ付Tシャツを着るのがおすすめです。胸元を自然な感じに整えてくれますし、腕を上げたりしても身八つ口から肌が露出する心配がありません。

浴衣は半袖ではないので、肩から袖口が覆われることで汗をかきやすくなります。綿やサラッとした素材でできたものを選ぶと、体にはりつきにくくなりますよ。

下は普通の洋服用のものでもかまいませんが、腰から下は体に沿うような感じでちょっとぴったりします。

普段の下着のラインが気になるな、という場合はシームレスタイプの下着を選ぶとラインが気になりません。

腰から下のまとわりつきが気になる場合は、洋服用のものでもかまいませんのでペチコートを使用するといいですよ。一度浴衣を着てみて気になった方は着用してみてはいかがでしょうか?

私はシームレスタイプのショーツに、上はユニクロで売っているエアリズムのブラトップシリーズの半袖Tシャツを浴衣の下に着ていますが、脇から肌も見えませんし胸元も自然な感じで気に入っています。

汗をかいてもサラッとしているのがいいですね。

イオンやヨーカドーなど各メーカーでも同様な商品が売っていますので、お好きなブランドや着心地のいいものを選んでみましょう。

浴衣が白地の場合のインナー。

白地の浴衣を着る場合、タンクトップやTシャツで代用する場合は素材によっては白いインナーだとかえって目立ってインナーが透けてしまう場合があります。

そんなときは肌なじみのよいベージュやピンクベージュを選ぶと、インナーが透ける心配がありませんのでおすすめです。

また、白地の浴衣は色がついているインナーを着用すると、汗をかいたときにインナーが色落ちしてシミが目立ちやすいので、黒や紺など濃い色のものは避けるようにしましょう。

私は白地の浴衣を着るときは、ユニクロのブラトップシリーズの半袖タイプでベージュを着用していますが、わりと薄い素材でできた白地の浴衣でも透けにくくて気に入っています^^

スポンサーリンク

浴衣のインナーの色は何色を選べばいい?

白地以外のインナーの選び方は、淡いピンクや水色などの浴衣の場合も白いインナーだと透けてしまう場合がありますので、そんな場合は同様にベージュやのインナーを選ぶのがおすすめです。

基本的に薄い色の浴衣で、代用品のインナーを着用する場合は白よりもベージュやピンクベージュを選んだほうが透けにくいですよ。

逆に黒や濃いえんじ色、紺色などの浴衣は汗をかいた時に浴衣の色が落ちてインナーについてしまうことがありますので、黒や紺、茶色など浴衣に合わせて濃い色のインナーを選んであげるのがよいでしょう。

濃い色の浴衣はインナーが透けてしまうという心配はありませんので、浴衣の色移りをふせぐために同系色で濃い色のインナーを選ぶ、といった感じで覚えておくといいですよ。

さいごに

浴衣は普段着る機会が少ないので、いざ着よう!と思ってもわからないことがいろいろ出てきたりしますよね。

インナーは手持ちのものでも代用できますので、迷っている方は参考にしてみてください。さいごまで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする