浴衣の着付けはどっちが上 女性は左上それとも右上?

浴衣の着付けはどっちが上 女性は左上それとも右上?

浴衣は一年に数回しか着る機会がないので、着付けの方法を意外と忘れてしまうものです。特に前合わせの部分はどっちが上か迷ってしまいます。

浴衣を着付ける時の前合わせについて、自身の覚え書きのためにもまとめてみました。

スポンサーリンク

浴衣の着付けはどっちが上が正解?

浴衣を自分で着る場合、自分から見て左の襟が上になるように着付けをすれば大丈夫です。

浴衣も着物の仲間なので、着物の着付け用語で「右前になるように前を合わせる」という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

「あれ?自分から見て左の襟が上になるように着付けるのに、なんで右前なの?」と、少しややこしいですね。

着付け用語では、先(時間的に前)におこなうことを「前」と表現するんですが、自分で浴衣を着る場合、右の襟を先に合わせることになりますので「右前」と表現することになります。

そして右の襟の上から左の襟を重ねるので、左が上になる、と解釈していただければよろしいでしょう。

浴衣は女性の場合どっちが上なの?

洋服の場合は、男女で前合わせが右と左に分けられていますよね?ですが浴衣の場合は、男女どちらも自分から見て左の襟が上になるように着付けをします。

浴衣に限らず、着物の場合も同様です。また、子供の浴衣も大人と同じように着付けをして大丈夫です。

まとめると「大人も子供も全部左の襟が上!(右前)」と覚えておくのがいいでしょう。

スポンサーリンク

浴衣の左上と右上、それぞれの意味。

「そもそもなんで浴衣の前は左の襟が上なの?」と疑問に思いませんか?

着物の前を左の襟が上になるように着付ける理由はいくつかあるのですが、ひとつめは719(養老3)年に元正天皇が「着物の襟は左が上になるように着付けすると定めよう」と法律で決めたことに関係しています。

法律の名前は「衣服令」といって、そこには襟は自分から見て左が上になるように着付けをする「右衽着装法(うじんちゃくそうほう)」にすると書かれていて、そのなごりが今も続いているからというのが理由です。

もうひとつは、着物の襟を自分から見て右が上になるように着付けるのは、亡くなった方に着せる襟の合わせ方だからです。

「死後の世界はこの世とは反対になる」 ウィキペディアより引用

日本では昔からこのような考え方がありました。

亡くなった方に着物を着せる場合、生きている方とは逆になるように着せていた風習が現在でも残っているため、右の襟が上になるように着付けるのは縁起がよくないこととされています。

浴衣を着るとき毎回「どっちの襟が上だっけ?」と迷ってしまう場合は、上に書いてある理由を覚えておくといいですよ。

これは余談になりますが、日本では右利きの方が多いので、浴衣を着るときに左の襟が上になるように着付けをすると、利き手の右手が懐出し入れしやすくなります。

懐にはさんだハンカチや扇子などがサッと取り出しやすいというメリットもありますので「右手が懐に入れやすい方が上」と覚えておくのもおすすめですよ。

まとめ

浴衣の襟は自分から見て左の襟が上になるように着付ける(着物用語では「右前」と表現する)大人も子供も同様に着付けをしてOK。

自分から見て右の襟が上になると亡くなった方と同じになっていまい、縁起が悪いとされるので避けるようにする。

浴衣の襟合わせにもきちんと理由があるとわかれば、忘れにくくなりますね!さいごまで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする