アクセサリーの手作りに必要な道具!これでOK、七つのアイテム。

アクセサリーの手作りに必要な道具!これでOK、七つのアイテム。

アクセサリーのハンドメイドを始めたいけれど、道具は何をそろえたらいいのかよくわからない!という方も、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回はアクセサリーを手作りするために必要な、「これだけあればOKだよ!」という七つ道具を個人的にまとめてみました^^

スポンサーリンク

アクセサリーの手作りに必要な道具はこれだ!

アクセサリーパーツのお店や手芸屋さんに行くと、ペンチだったり、「これ何に使うんだ?」という道具がたくさんあって初心者さんにはわかりにくいですよね。

そこで、実際に私が使っている道具を写真で紹介していきたいと思いますので、用途や形など見分けるポイントにしてみてください。

アクセサリーの手作りに必要な道具!これでOK、七つのアイテム。

① ニッパー

ニッパーはチェーンやTピンなどの金属を切るために使います。アクセサリーの手作りでは、ちょっとした金属を切るぐらいでしか使わないので、わざわざ買わなくてもおうちの工具箱にあるもので充分ですよ。

私が使っているニッパーも、小学生の時工作で使うために父からもらった車の整備用のニッパーですが、特に問題なく使えています(笑)

アクセサリーの手作りに必要な道具!これでOK、七つのアイテム。

② 平ヤットコ(平ペンチ)

平ヤットコはアクセサリーのパーツとパーツをつなぐ、「丸カン」と呼ばれる金属パーツを開いたり閉じたりする時に使います。

普通のラジオペンチに似ていますが、先端にギザギザがついていないので、アクセサリーパーツにキズがつきにくくなっているのが特徴です。

丸カンの両端をつかんで使うので、2本用意しておくのがオススメです。平ペンチと呼ばれる場合もあります。

アクセサリーの手作りに必要な道具!これでOK、七つのアイテム。

③ 丸ヤットコ(丸ペンチ)

パーツとパーツをつなぐための、Tピンや9ピンと呼ばれる金属パーツを丸めるために使います。ピンが丸めやすいよう先端が丸くなっているために、丸ペンチと呼ばれることもあります。

アクセサリーの手作りに必要な道具!これでOK、七つのアイテム。

④ 万能接着剤(多目的ボンド)

万能接着剤は布から金属まで、いろいろなものが接着できるまさに、「万能」な接着剤です。アクセサリーを作るうえで、ビーズやモチーフを土台の金属に貼り付けたりと異素材どおしを貼り合わせるための必需品です。

万能接着剤はいろんなメーカーから発売されているので、金属に接着できるものならなんでもかまいません。

個人的にはKAWAGUTIさんから発売されている、「多目的クラフトボンドNeo」という接着剤がお気に入りです。

固さと柔らかさのバランスがちょうどいいので、変に液だれしたり伸びすぎたりせず使いやすいところが好きなポイントです(笑)

アクセサリーの手作りに必要な道具!これでOK、七つのアイテム。

⑤ 目打ち

パーツを押さえたり、生地に穴をあけたり、接着剤を塗ったり…などなど、細かい作業をするときに何かと便利なアイテムです。もともと手芸用品なので、アクセサリーパーツのお店以外に手芸店でも手に入ります。

アクセサリーの手作りに必要な道具!これでOK、七つのアイテム。

⑥ はさみ

リボンやレースなどを切ったりするのに使います。よく切れるものなら、おうちにある普通の工作用ばさみで充分です。

アクセサリーの手作りに必要な道具!これでOK、七つのアイテム。

⑦ 定規

パーツの長さをはかるために使います。写真の定規は手芸用の竹定規ですが、めもりがちゃんと読み取れるものなら何でもOKです。普段使ってるもので大丈夫ですよ~。

これだけそろっていれば、たいていのアクセサリーは手作りすることができます。これなら家にある!というものもあると思いますので、まずは持っていないものからそろえていきましょう。

アクセサリーの手作りに必要な道具を全部そろえるといくら?

必要な道具をざっと紹介しましたが、「全部そろえたらいくらぐらいかかるの?」というところが気になるのではないでしょうか?

これらの道具の値段は、ひとつ数百円~3000円以上とピンキリなので、最初は安いものでそろえればいいと思います。

最近は100均でも工具の取り扱いが豊富になっているので、安くそろえたいなら100均もオススメです。

ニッパーや目打ちはいろいろな100均で見かけますし、平ヤットコや丸ヤットコはダイソーで取り扱っていますよ。安いからといって、品質が悪いかと言われればそうでもないですしね^^

実際、私が使っている平ヤットコはダイソーの先細ペンチですし、丸ヤットコも300円ほどの安いものですが、特に問題なく使えています。

持っていない道具が多い!という場合は、お近くの100均を探してみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク

さいごに。

アクセサリー作りに必要な道具はそこまで多くないので、まずはお手頃価格のものからそろえていくのがオススメです♪

これからハンドメイドを始めてみたい!という方の、参考になればうれしいです。今日も最後までお読みいただきましてありがとうございました^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする