シンデレラのチョーカーの作り方 手作りでなりきりプリンセス♪

シンデレラのチョーカーの作り方 手作りでなりきりプリンセス♪

ディズニーハロウィンに参加する友人のシンデレラの衣装用に、黒チョーカーを手作りしてみました。

市販のコスチュームはあるけれどアクセサリーがない!という場合は、思いきって手作りしてみませんか?

スポンサーリンク

材料と使う道具はこちら。

シンデレラのチョーカーの作り方 手作りでなりきりプリンセス♪

  • 15㎜の別珍リボン 20㎝
  • 15㎜のリボン留め 2コ
  • 丸カン(←5~7㎜のものが使いやすいです)2コ
  • 引き輪とアジャスターのセット 1組

今回は大人用のフリーサイズで作り方を書いていきますね。

チョーカーは首にぴったりくっつくタイプのアクセサリーなので、チクチクしないように肌触りがいい別珍リボンを使ってみました。

リボン留めはリボンのはじっこに取り付けて、金具をつないでチョーカーやネックレスを作るために使います。

引き輪とアジャスターは使う分だけ袋にパックされた、金具セットというものも売っています。

金具が余っても嫌だな…という方はセットで売っているものを1組購入すると無駄なパーツがでないですよ^^

子供サイズで作る場合、あまり首にぴったりの長さにすると苦しくて外したがるので、リボンを15㎝ぐらいの長さにして、少しゆとりあるサイズで作ってあげましょう。

道具は平ヤットコが2本あればOKです。平ヤットコは溝のないラジオペンチのようなもので、500~1000円ぐらいで購入できます。

安く手に入れたい場合は、100均の工具コーナーで売っている溝なしのラジオペンチで代用も可能です。

作り方の手順。

シンデレラのチョーカーの作り方 手作りでなりきりプリンセス♪

① はじめにリボンの両端にリボン留めを取りつけます。リボン留めにリボンをはさんだら、上から平ヤットコで押さえて閉じてください。

シンデレラのチョーカーの作り方 手作りでなりきりプリンセス♪

平ヤットコで閉じる時に、力を入れすぎるとリボン留めがへこんで見た目が少し悪くなってしまいます。

軽くリボンをひっぱって、リボン留めから外れないようなら、無理に力を入れて閉じなくても大丈夫ですよ~。

シンデレラのチョーカーの作り方 手作りでなりきりプリンセス♪

② 写真のように丸カンを前後にずらすように開いて、リボン留めにアジャスターと引き輪を取りつけます。

取りつけ方がよくわからない場合は、丸カンの使い方というページもあわせて参考にしてくださいね!

シンデレラのチョーカーの作り方 手作りでなりきりプリンセス♪

③ アジャスターと引き輪を取り付けたら、外れないように丸カンをしっかり閉じれば完成です。隙間があかないように、ぴったり丸カンを閉じるのがポイントですよ。

スポンサーリンク

完成!

シンデレラのチョーカーの作り方 手作りでなりきりプリンセス♪

15~30分ぐらいあれば、あっという間にできてしまうお手軽さです!

リボンを首に結ぶだけでもチョーカーになりますが、金具を取り付けたほうがほどけにくくて見た目もしっかりします。

シンデレラの黒チョーカーはシンプルなデザインなので、ハロウィンイベントが終わったら普通の洋服にあわせて使ってもアリです(笑)

せっかくディズニーハロウィンでコスプレするなら、アクセサリーまでおそろいにして楽しみたいですよね。チョーカーなら手作りにあまり慣れていない方でも簡単に作れますよ~!

手作りしてぜひシンデレラになりきってくださいね。今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする