浴衣のスリップの代用品をユニクロの肌着でそろえる方法のススメ。

浴衣のスリップの代用品をユニクロの肌着でそろえる方法のススメ。

浴衣を着る時はインナーに専用のスリップを使うときれいに着こなせます。でも一年に数回しか使わないから持っていない、という方も多いのでは?

そこで今回はユニクロに売っているインナーを使って、浴衣の肌着に活用する方法について書いていきますね。

スポンサーリンク

浴衣のスリップの代用品にもユニクロ大活躍。

着付けの本や浴衣売り場では、きれいに着こなすためには専用の浴衣スリップを買うようにオススメされることがほとんどです。

ですが自分は浴衣を着る時しか使わないのに、専用のスリップを買うのは少しもったいないよな…なんて思うわけです(笑)

そこで私は、ユニクロのインナーを浴衣スリップの代用品として活用しています。

浴衣を着る以外に普段も使えるので、買いそろえても無駄になりませんよ!

ユニクロで浴衣の肌着の代用品になるアイテムを紹介。

実際に私が浴衣スリップの代用品として着用しているユニクロのインナーを紹介していこうと思います。

浴衣のスリップの代用品をユニクロの肌着でそろえる方法のススメ。

まず上はブラトップのタンクトップを着用しています。浴衣は普通の洋服と違い、胸元をなるべく平坦にしたほうが着付けた時にきれいに見えます。

ブラトップなら胸元を自然な感じにととのえてくれますし、身八つ口(←袖の下と脇の部分の空いているところ)から肌が見えてしまうこともないです。

袖に浴衣がまとわりついたり汗染みが浴衣にできてしまうのが心配な場合は、Tシャツタイプのブラトップや、汗取りパッドがついたブラトップを選ぶとべたつきません。

腰から下は浴衣が体にぴったりと沿うかたちになりますので、下着のラインがひびかないシームレスタイプのショーツを選ぶのがポイントです。

普段のスキニージーンズや白のパンツをはくときにも使えますので、新しく買っても活躍してくれますよ^^

シームレスタイプのショーツ一枚でもかまいませんが、暑い日は汗をかいた足に浴衣がまとわりついて、ちょっと邪魔に感じる時もあります。

そんな場合はショーツの上からリラコをはくと、お腹~足にかけて汗でまとわりつくこともなく快適になります。

リラコは一枚持っておくと、透けやすい素材のロングスカートをはく時や夏のパジャマ代わりにも使えるので便利ですよ。

ユニクロで全て買い揃えても2000~3000円でおさまります。

ユニクロの週末や連休のセールを狙えば、もっとお安くそろえることもできますよ(笑)

色は何色を選ぶのがいい?

色はお手持ちの浴衣に近い色を選ぶようにしましょう。

もしも近い色がない場合は、淡い色の浴衣(ピンク・水色・白など)ならベージュか白、濃い色の浴衣(黒・紺・えんじ色など)なら黒か紺を選ぶと、透けないので失敗しません。

淡い色の浴衣は特に心配ないのですが、濃い色の浴衣は汗で色落ちすることがあります(←経験者です^^;)

シミができた時に落とすのは何度も洗ったりで結構面倒なので、黒か紺のインナーを選ぶと色移りの心配をせずに着こなせるので安心です。


スポンサーリンク

さいごに。

ユニクロのインナーで浴衣の肌着を代用する方法を紹介しましたが、しまむらやイオンでも似たようなインナーが売っています。

お手持ちのインナーで他のメーカーさんのものがあれば、それらをあわせて代用するのもありですよ。

お手持ちのインナーを使って、まずはお家で試しに浴衣の着付けをしてみながら、きれいに着こなせる組み合わせを見つけてくださいね。

さいごまで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする