ミントが増殖して大量にある時の使い道 すぐできる簡単な方法特集。

ミントが増殖して大量にある時の使い道 すぐできる簡単な方法特集。

栽培しやすいハーブの代表ミントですが、油断するとあっという間に増殖してしまうのが少し難点でもあります。

私の家でもミントを育てていますが、夏が近づくと手入れが追い付かないぐらい大量に収穫できます笑

増殖したミントが大量にある時の使い道について、簡単にできるものを中心にまとめてみました。

スポンサーリンク

ミントが増殖してしまったらどうやって使う?

ミントはとても生命力の強いハーブなので栽培しやすい反面、庭などに植えてしまうと一気に増殖してしまうので、どうやって消費したらいいのかわからない方も多いと思います。

ミントといえばアイスクリームのトッピングに使われるイメージですが、トッピング以外にも使い道はいろいろあります。

我が家でも実践している、生の葉っぱを手軽に活用する方法を中心に紹介していきますね。

ミントが大量にあるときの使い道。

その① ミント氷。

自宅の冷凍庫で氷を作るときに、製氷皿の中にミントの葉っぱを2~3枚入れて凍らせるとミント氷のできあがり。アイスココアに入れれば、簡単チョコミントドリンクが楽しめます。

ミント氷を使えばお手軽にモヒート風のノンアルコールカクテルも作れます。

☆モヒート風ノンアルコールカクテルの作り方

  1. グラスいっぱいにミント氷を入れます。
  2. ガムシロップを1個と、炭酸水を150mlほど注いだら軽くかき混ぜて下さい。
  3. ライム(なければレモンでもOK)1/8切を絞り、よくかき混ぜたらできあがりです。

氷が溶け始めるまでは、若干ミントの香りが薄い場合もあるので、そんな時はミントの葉っぱを4~5枚追加で入れてみてください。

その② ミントティー。

ミントの葉っぱを20~30枚ほどティーポットに入れてお湯を注げば、簡単ミントティーの完成です。

お湯を注いでから2~3分すると色がついてきますので、そのまま10分蒸らしたらできあがり!そのまま飲んでも美味しいですし、レモンやハチミツを加えてアレンジしても爽やかさがアップして美味しいです。

アイスティーにする場合は、氷を耐熱グラスいっぱいに入れてから淹れたてを注げばOK。使う氷は、先ほど紹介したミント氷にすると見た目もきれいな雰囲気になります。

ミントティーには胃の働きを助ける働きがあるので、私は食べ過ぎや夏バテで胃が弱っているな、と感じた時に飲んだりすることが多いです。

ミントの爽やかな香りですっきりしますよ^^

その③ ミントコーヒー。

お茶のイメージが強いミントですが、コーヒーに入れてもGood。

☆アイスミントコーヒーの作り方。

  1. 耐熱グラスにたっぷりの氷とミントの葉っぱをお好みで3~5枚ほど入れます。甘めが好きな方はガムシロップも。ブラックでもOKです。
  2. 淹れたてのコーヒーを注げば完成!市販のアイスコーヒーを使うと、もっと簡単にできます。コーヒーの苦みとミントの爽やかな香りが新感覚で美味しいですよ♪

バニラアイスを添えてコーヒーフロートにするアレンジもGood。

☆ホットミントコーヒーの作り方。

  1. コーヒーカップにミントの葉っぱを3~5枚ほど入れたら、そのまま熱いコーヒーを注げばあっという間に完成です。
  2. お好みで砂糖を入れて召し上がってください。ミントの葉っぱはお湯をかけると色が変色するので、コーヒーのトッピングに使う場合は先に2~3枚取っておくようにましょう。

その④ ミントのお風呂。

お風呂に入れれば、フレッシュな香りが気持ちいいミント風呂が楽しめます。

ミント風呂の作り方はとっても簡単!まずは排水口の水切りネット(布の袋でもOK)に詰められるだけミントの葉っぱを詰めます。

お風呂に水を張ったらミントが詰まった水切りネットを入れて、そのまま沸かせばできあがりです。

ほんのり黄緑色のお湯と、ミントの香りに癒されます。ペパーミントの葉っぱを使うと、メントールのおかげでスーッとする、夏にぴったりのクール系入浴剤としても役立ちます。

ミント風呂は一度にたくさんの葉っぱを使うので、一気に大量の葉っぱを消費するのにもってこいですよ。

初夏はミントの手入れもかねて、たくさん収穫できるので我が家でもミント風呂が大活躍しています笑

その⑤ ミントのスプレー。

もうひとつ、一気にたくさんの葉っぱを消費できるミントスプレーを手作りしてみましょう。

こちらのミントスプレーは、部屋や台所のにおいが気になるときの消臭スプレー、蚊を寄せ付けない虫よけスプレーとしていろいろ活用できる便利アイテムです。

ミントスプレーの作り方はいろいろなレシピがありますが、こちらは2~3日で作れる簡単な方法になります。

☆手作りミントスプレーの作り方。

*用意するもの*

・蓋つきのガラス瓶、無水エタノール、ガラス瓶がいっぱいになるぐらいのミント、精製水。

  1. まずはミントの抽出液を作ります。ガラス瓶の中にミントをいっぱいになるまでつめこんでください。
  2. ミントがひたるぐらいの無水エタノールを瓶に注ぎます。ミントとエタノールの割合は細かく決まってはいないので、アバウトな感じで大丈夫です。
  3. そのまま2~3日部屋の涼しい場所で、ミントの成分が抽出されるまで置いておきます。真夏など室温が上がりすぎて心配な場合は、冷蔵庫に置いてもいいですよ。
  4. エタノールがミントの成分で緑色になっていたら抽出液の完成です。きれいな茶こしを使って葉っぱを取り除いたら、ガラスボトルやガラス瓶で保管します。

これを精製水で10倍以上に薄めれば、爽やかに香るミントスプレーのできあがりです。

できあがったミントスプレーは、虫よけスプレーとして使う場合はアルコール成分が強いので、アルコールに弱い方は目立たない場所でパッチテストをしてから使ってください。

グリセリンを小さじ1杯くわえると、肌あたりが優しくなりますので化粧水としても活用できます。

主成分がアルコールなので常温で保存できますが、防腐剤が入っていないので3週間~1ヶ月で使い切るようにしましょう。

保存する容器はアルコール成分が強いので、プラスチックだと変形のおそれがあるためガラスの容器に入れて保管してください。

ミントのスーッとした香りが気持ちいいので、梅雨や夏など部屋に湿気がこもってにおいが気になるときにスプレーすれば、あっという間に使い切ってしまいますよ。

ドリンクに入れたりアイスにかけたりしてもおいしい、ミントシロップを作るのもいいですね。

スポンサーリンク

さいごに。

今回紹介した活用法はどれも簡単にチャレンジできるものなので、ぜひ試してみてくださいね。

せっかくたくさんミントがあるなら、思いっきり使い切るつもりで楽しんでしまいましょう!さいごまで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする